「文豪ストレイドッグス」と中原中也記念館がコラボ 太宰治と中原中也の関係に迫る | アニメ!アニメ!

「文豪ストレイドッグス」と中原中也記念館がコラボ 太宰治と中原中也の関係に迫る

ニュース

2016年4月開始の新作テレビアニメ『文豪ストレイドッグス』と、山口県・中原中也記念館のコラボレーションが決定した。7月28日から9月25日までの約二ヶ月間、特別企画展「太宰治と中原中也」が行われる。

『文豪ストレイドッグス』は「ヤングエース」(KADOKAWA)にて連載中の異能力アクションが原作だ。キャラクターは実在の文豪をモデルとしており、主人公の中島敦をはじめ、様々な作家が異能力者として描かれている。本編には詩人の中原中也も登場することから、中也の故郷である山口県の中原中也記念館とコラボレーションが実現した。
7月28日からスタートの特別企画展「太宰治と中原中也」では、作家・太宰治との関係性をフィーチャーする。二人は同時期に文学を志し、「青い花」「鷭」「文学界」といった同じ文芸雑誌に作品を寄せている。お互いを評した文章はほとんど残されていないが、周囲の証言からは強く意識し合っていた様子がうかがえる。企画展では太宰の原稿「人間失格」や中也の直筆原稿をラインナップし、二人の文学における接点を探るとともに、太宰文学の多彩さに迫っていく。

太宰と中也は確執があったとされており、『文豪ストレイドッグス』でも犬猿の仲として描かれている。本作で二人を知ったファンにとっては、キャラクターのルーツを知ることができる注目企画になるだろう。コラボの詳細は後日、中原中也記念館公式サイトにて発表される。
中原中也記念館の特別企画展「太宰治と中原中也」は7月28日から9月25日まで開催。入館料は一般320円、大学・高等専門学校生210円、70歳以上・18歳以下は無料となる。
[高橋克則]

中原中也記念館・特別企画展「太宰治と中原中也」
会期: 7月28日(木)~9月25日(日)
時間: 9:00~18:00(入館は17:30まで)
休館: 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、8月30日(火)

(c)2016 朝霧カフカ・春河35/KADOKAWA/文豪ストレイドッグス製作委員会
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集