「聖闘士星矢30周年展」黄金聖闘士の等身大立像 身長210cmアルデバランが完成 | アニメ!アニメ!

「聖闘士星矢30周年展」黄金聖闘士の等身大立像 身長210cmアルデバランが完成

ニュース

(c)車田正美(c)車田正美・東映アニメーション(c)車田正美/集英社・東映アニメーション
  • (c)車田正美(c)車田正美・東映アニメーション(c)車田正美/集英社・東映アニメーション
  • 牡牛座(タウラス)のアルデバラン(c)車田正美(c)車田正美・東映アニメーション(c)車田正美/集英社・東映アニメーション
  • 双子座(ジェミニ)のサガ(c)車田正美(c)車田正美・東映アニメーション(c)車田正美/集英社・東映アニメーション
  • (c)車田正美(c)車田正美・東映アニメーション(c)車田正美/集英社・東映アニメーション
「聖闘士星矢30周年展 Complete Works of Saint Seiya」が6月18日から29日まで、秋葉原UDX 2F AKIBA_SQUAREにて開催される。展示会の目玉は黄金聖闘士(ゴールドセイント)の等身大立像12体だ。このたび、牡牛座(タウラス)のアルデバランが完成し、身長210センチの勇姿がお披露目となった。

『聖闘士星矢』に登場する黄金聖闘士は十二宮を守護する最高位の聖闘士である。展示会「聖闘士星矢30周年展」では全12体の等身大立像がラインナップされる。
今回制作された牡牛座のアルデバランは、黄金聖闘士の中でも最大の身長と体重を誇っている。強靱な肉体を再現した仕上がりで、等身大立像の中でもとりわけ目立つ一体となった。
さらに2016年3月開催のAnimeJapan 2016でお披露目された双子座(ジェミニ)のサガの写真も公開。こちらも注目の出来映えである。

牡牛座のアルデバランはHMV ららぽーと富士見、双子座のサガはHMV ららぽーと富士見にて先行展示される。期間は6月3日から12日までを予定している。
黄金聖闘士の等身大立像はそのほか、獅子座(レオ)のアイオリア、乙女座(バルゴ)のシャカ、蠍座(スコーピオン)のミロ、射手座(サジタリアス)のアイオロス、水瓶座(アクエリアス)が制作済み。現在は牡羊座(アリエス)のムウ、蟹座(キャンサー)のデスマスク、天秤座(ライブラ)の童虎、山羊座(カプリコーン)のシュラ、魚座(ピスケス)のアフロディーテを制作中だ。その仕上がりに期待したい。

「聖闘士星矢30周年展」はマンガ、アニメ、フィギュアなど、作品に関連するアイテムを集めた企画展である。前売チケットは大人・大学生が1300円、中・高校生が800円、当日券は200円増しとなっている。
[高橋克則]

「聖闘士星矢30周年展 Complete Works of Saint Seiya」
期間: 2016年6月18日~29日
時間: 平日12:00~21:00/土日10:00~19:00
会場: 秋葉原UDX 2F AKIBA_SQUARE

(c)車田正美(c)車田正美・東映アニメーション(c)車田正美/集英社・東映アニメーション
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集