SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016 日本工学院の学生がプロモーションアニメを制作 | アニメ!アニメ!

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016 日本工学院の学生がプロモーションアニメを制作

埼玉県川口市のSKIPシティ彩の国ビジュアルプラザが、日本工学院専門学校と共同でアニメーション人材を育成するプロジェクトを立ち上げた。

ニュース
埼玉県川口市のSKIPシティ彩の国ビジュアルプラザが、日本工学院専門学校と共同でアニメーション人材を育成するプロジェクトを立ち上げた。SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016のプロモーションアニメーションを日本工学院専門学校の学生が企画・制作する。この制作を通じてクリエイターの育成につなげる。

SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザは撮影・編集・制作・上映を一貫して行える映像関連施設として2003年にオープンした。以来、映像分野における若手映像クリエイターの育成に取り組んできた。
今回はプロのクリエイターを育成する日本工学院専門学校とタッグを組む。アニメーション業界を牽引する若手映像クリエイターの輩出を目指す。

オープニングアニメーションが提供されるSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016は、7月16日からSKIPシティで開催される。日本工学院専門学校の学生は、この企画と制作に挑む。
完成したアニメーションは映画祭公式サイトにて6月以降に公開される。一体どんな作品が誕生するのか、今後の展開に期待したい。

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭は、デジタルで制作された作品のみをフォーカスする国際コンペティション映画祭だ。2004年から毎年行われており、今年で13回目を数える。メインのコンペティションは長編部門、短編部門に加えて、2014年からはアニメーション部門を新設している。短編とアニメーション部門は日本のクリエイター支援との趣旨から国内作品に限定した審査が行われる。
2015年は世界74の国と地域から長編部門469本、短編部門134本、アニメーション部門81本の応募があった。プロモーションアニメーションはもちろん、コンペティションの行方にも注目したい。
[高橋克則]

「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016」
会期: 2016年7月16日から24日まで
会場: SKIPシティ映像ホールほか
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集