花開くコリア・アニメーション2016 今年も開催 長編オムニバスと短編25本をラインナップ | アニメ!アニメ!

花開くコリア・アニメーション2016 今年も開催 長編オムニバスと短編25本をラインナップ

韓国のインディーズ・アニメーションを紹介する上映イベント「花開くコリア・アニメーション2016」の名古屋会場は、5月28日と29日の二日間にかけて開催される。

ニュース
韓国のインディーズ・アニメーションを紹介する上映イベント「花開くコリア・アニメーション2016」が今年も開催されている。5月28日と29日の二日間は名古屋会場となり、愛知芸術文化センターにて行われる。
2016年の見どころは韓国近代文学を代表する小説をアニメ化した長編オムニバス『そばの花、運のいい日、そして春春』。また最新の短編アニメーションが上映される。

「花開くコリア・アニメーション2016」は、韓国アニメーションをテーマにしたユニークなイベントだ。今年は韓国唯一のインディーズ・アニメーション映画祭「インディ・アニフェスト」の上映作から短編25本を上映するのも目玉だ。
評論家・土居伸彰によるセレクション「懸命に生きる」(9作品)、短編プログラム1「色彩の中の秘密」(10作品)、短編プログラム2「あなたは遠くに」(6作品)と、多彩な作品がラインナップされた。

さらに韓国の短編小説3作品をオムニバス形式でアニメーション化した『そばの花、運のいい日、そして春春』の名古屋初上映も行う。本作は日本統治下で変化の時代を迎えた朝鮮社会と、そこで生きる庶民たちの悲喜こもごもが独特の映像美で描き出されている。監督は日本でもDVDが発売された『Green Days~大切な日の夢~』のアン・ジェフンが務めた。

期間中はトークショーも予定している。5月28日の土居セレクション「懸命に生きる」上映後は土居伸彰が登壇。同じく28日の短編プログラム1「色彩の中の秘密」上映後には「インディ・アニフェスト」グランプリ受賞作『Little King』を手がけたキム・ヘミ監督が登壇する。
続いて29日の『そばの花、運のいい日、そして春春』上映後には、名古屋韓国学校の校長である李孝心が解説トークを行う。韓国の歴史や文化を色濃く反映した作品から、普遍的な人間の営みや感情にフォーカスした作品まで、韓国アニメーションの豊かさが感じられる二日間になるだろう。
[高橋克則]

「花開くコリア・アニメーション2016」名古屋会場
会期: 5月28日(土)・29日(日)
会場: 愛知芸術文化センター 12階 アートスペースEF
料金: 1プログラム 一般 1000 円 学生500円
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集