真島ヒロが描いたアイアンマンとキャプ 「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」友情決裂ビジュアル公開 | アニメ!アニメ!

真島ヒロが描いたアイアンマンとキャプ 「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」友情決裂ビジュアル公開

ニュース

マーベル最新作『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』が、4月29日にいよいよ全国公開する。
そのロードショーを記念して、『FAIRY TAIL』の作者・真島ヒロによる描き下ろしビジュアルが発表された。本作のテーマとなるキャプテン・アメリカとアイアンマンが禁断の戦いをテーマにしたものだ。友情決裂を描いたビジュアルは大きな話題を集めそうだ。

多くの映画に原作を提供するマーベル・コミックは、これまでも『アイシールド21』『ワンパンマン』の村田雄介、『ベイマックス』コンセプトデザインのコヤマシゲト、イラストレーター・マンガ家の寺田克也など、数多くの日本人アーティストとタッグを組んできた。スパイダーマンやアイアンマンなどのヒーローを表現している。
今回は「アベンジャーズ」シリーズの大ファンである真島ヒロとコラボレーション。『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の描き下ろしビジュアルが完成した。

マーベルから「アイアンマンとキャプテン・アメリカが対立する様を描いて欲しい」とリクエストを受けた真島は、アイアンマンが手のひらから発する高出力レーザー・リパルサーレイによる攻撃と、それを盾で防ぐキャプテン・アメリカの構図を選択し、作品世界を躍動的に描き出した。
この仕上がりを見たマーベルのバイスプレジデント・C.B.セブルスキーは「彼の描いてくれたアイアンマンとキャプテン・アメリカは完璧! 美しい作品をありがとうございます」と絶賛のコメントを寄せる。

オファーを受けた真島は「シリーズの映画は全て観ていますし、元々大ファンだったのでお話しを頂いた時は“あのアイアンマンとキャップをマーベル公認で描けるなんて!”とビックリしました」と驚きを隠せない様子。「私も大好きなキャラクターなのでプレッシャーがありましたが、ファンの方にも喜んで貰えるように2人が激突する様子を一生懸命描きましたので是非見てみて下さい」とメッセージを伝えた。

なお真島が描いた友情決裂ビジュアルは劇場パンフレットにポスターで同梱される。5月末にはパニカム渋谷109MEN'S店やパニカム公式ECサイトにてTシャツなど4点が発売される予定だ。
[高橋克則]

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』
4月29日全国ロードショー
配給: ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(c)2016 Marvel.
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集