「攻殻機動隊」VR映像も身近に届ける 複合カフェ「VR THATER」でいち早く電脳体験 | アニメ!アニメ!

「攻殻機動隊」VR映像も身近に届ける 複合カフェ「VR THATER」でいち早く電脳体験

ニュース

プロダクション I.Gが開発を進めてきたバーチャルリアリティの新コンテンツ『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver』が、より身近で体験できるようことになった。インターピアが、2016年4月7日より複合カフェで展開する「VR THEATER」のコンテンツラインアップに本作が登場することが発表された。
4月5日、都内で「VR THEATER」の発表記者会見が開催された。会見には一般社団法人日本複合カフェ協会の日高大輔理事長、インターピアの楠岡仁志代表取締役社長、そしてVR向けポータルアプリを提供する株式会社eje代表取締役の三代千晶氏が登壇。VRの可能性やそれを手軽に楽しめる場として複合カフェを活用する意義について説明した。

「VR THEATER」は、インターピアの開発した店頭でVR体験を提供するサービスである。一般家庭ではまだまだ馴染みが薄いVRのハードとソフトを有料で体験出来る。4月7日に関東圏、31店舗でスタートした。
第1弾は『進撃の巨人展』の360°体感シアターで話題を呼んだ『“吼”』をVRとしたもの。長さ5分ほどの作品が1回600円で体験出来る。人気作品を題材にし、さらに複合カフェといった場もあり、VRの普及に一役買いそうだ。

そして第2弾となるのが、『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver』である。作品は士郎正宗の人気マンガを原作にした『攻殻機動隊 新劇場版』に基づいて開発が進められてきたものだ。最新のCGとVRの技術を駆使することで、360°の映像を実現する驚異的なコンテンツである。
当初はVRアプリとして2015年/2016年冬に全世界配信を予定していたが、配信時期を延期している。これは制作の過程で当初の想定した尺を越える15分もの長さになったことが理由であるという。360°の高解像度映像であることから、アプリとして配信するには容量が非常に大きくなったことが課題となっているためだ。そこで先行して「VR THEATER」を作品発表の場として選んだようだ。

アニメ!アニメ!編集部では早速、記者会見に赴き、『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver』を体験してみた。これが予想を遥かに超える映像体験で驚かされた。とにかくサプライズポイントが満載だ。
ひとつはVRそのもの驚きである。ヘッドマウントディプレイを使用することで、まさに目の前に草薙素子がおり、そこで戦いが繰り広げられている錯覚を与える。全方位に広げる没入感の深さは、想像以上。左右上下を見渡し360°の映像が本物か試してみたが、視点に合わせて映像も動き、どの方向も違和感がない。真後ろを振りむいても映像が着いてくるのには驚かされた。特にお薦めは上方向の風景だろう。ビルの谷間から見た空は、VRならではの体験だ。

ふたつめは映像のクオリティの高さだ。劇場アニメでは2Dアニメであったが、ここではキャラクターもフルCGに置き換えられている。そのうえでよりリアリティを増した細部まで描きこまれたキャラクターやメカニックが、現実感を大幅に引きあがる。作品のテーマである電脳空間はVRと親和性が高く、現実と虚構の線引きを曖昧にする効果もある。
そして最後は尺の長さである。VRコンテンツで15分との長尺、映像の密度の濃さ、動きの早さは、現時点では異例だろう。しかも単なる映像体験にとどまらず見応えのあるストーリーを持っている。視聴者の充実感も増しそうだ。また映像からの情報量が多いため、実際には15分以上の長さすら感じる。とにかく重量級である。新たな映像体験として話題を呼ぶに違いない。
『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver』完成版の「VR THEATER」導入は2016年5月を予定している。体験価格は現在検討中とのことだ。

『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver』は、今後アプリプログラムの開発に夏以降に正式は配信を目指す。さらにソニー・コンピュータエンタテインメントのVRシステムPlayStationVRのハイエンド版VR ユニットへの提供を視野に入れている。2016年以降は、様々シーンに登場しそうだ。

『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver』
http://www.sign.site/koukaku_vr/
(C)士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊 新劇場版」製作委員会
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集