「あにめたまご」やアニメーション100周年プロジェクト AnimeJapan 2016日本動画協会ブース | アニメ!アニメ!

「あにめたまご」やアニメーション100周年プロジェクト AnimeJapan 2016日本動画協会ブース

イベント・レポート

「あにめたまご」やアニメーション100周年プロジェクト AnimeJapan 2016日本動画協会ブース
  • 「あにめたまご」やアニメーション100周年プロジェクト AnimeJapan 2016日本動画協会ブース
  • 「あにめたまご」やアニメーション100周年プロジェクト AnimeJapan 2016日本動画協会ブース
2016年3月25日から27日まで、東京ビッグサイトで国内最大級のアニメの総合イベントAnimeJapan 2016が開催された。国内のアニメーション製作者の事業者団体である一般社団法人日本動画協会はイベント全体の後援をするほか、団体自身でも出展を行った。
ビジネスエリアでは3月25日と26日の2日間、メインエリアでは26日と27日の2日間ブース出展し、存在感を発揮した。ビジネス関係者と一般ファンの双方に、協会の役割とその活動を紹介していた。

メインエリアの目玉となったのが、文化庁委託事業「若手アニメーター等人材育成事業」(愛称「あにめたまご」)である。会期中はステージイベントで事業成果や作品も紹介されたが、ブースでは「あにめたまご」に参加した各スタジオが映像制作に使用した原画などの資料を展示した。育成の仕組みや歩みもあり、多くの人に「あにめたまご」の役割が伝わったに違いない。
このほか2017年に迎える日本のアニメーション100周年に向けたプロジェクト、杉並アニメーションミュージアム、さらにアニメ産業レポートなどの資料も紹介した。日本動画協会の活動の内容が、広く伝わっただろう。
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集