「亜人」「ハイキュー!!」「グリムガル」など人気作が多過ぎるTOHOブースはいつでも満員御礼 | アニメ!アニメ!

「亜人」「ハイキュー!!」「グリムガル」など人気作が多過ぎるTOHOブースはいつでも満員御礼

「TOHO animation」。年間にいくつもの話題作を提供する、言わずとしれた「東宝」のレーベルだ。「AnimeJapan 2016」においても様々な作品群をブースに展開していたので、ご紹介する。

イベント・レポート
「亜人」「ハイキュー!!」「グリムガル」など人気作が多過ぎるTOHOブースはいつでも満員御礼
  • 「亜人」「ハイキュー!!」「グリムガル」など人気作が多過ぎるTOHOブースはいつでも満員御礼
  • 「亜人」「ハイキュー!!」「グリムガル」など人気作が多過ぎるTOHOブースはいつでも満員御礼
  • 「亜人」「ハイキュー!!」「グリムガル」など人気作が多過ぎるTOHOブースはいつでも満員御礼
  • 「亜人」「ハイキュー!!」「グリムガル」など人気作が多過ぎるTOHOブースはいつでも満員御礼
  • 「亜人」「ハイキュー!!」「グリムガル」など人気作が多過ぎるTOHOブースはいつでも満員御礼
  • 「亜人」「ハイキュー!!」「グリムガル」など人気作が多過ぎるTOHOブースはいつでも満員御礼
  • 「亜人」「ハイキュー!!」「グリムガル」など人気作が多過ぎるTOHOブースはいつでも満員御礼
  • 「亜人」「ハイキュー!!」「グリムガル」など人気作が多過ぎるTOHOブースはいつでも満員御礼
TOHO animationはいくつもの話題のアニメを世に届ける、言わずとしれた「東宝」のアニメレーベルだ。AnimeJapan 2016でも、様々な作品をブースに展開していた。

入り口を飾るったのは、『弱虫ペダル』や『ハイキュー!!』など。女性人気の高い作品だけにTOHO animationブースは女性だらけかと思いきや、男性も多く、、男女比率は均一であった。『亜人』や『三者三葉』『orange』の作品展示もあり、幅広いファンを惹きつけたかたちだ。TOHO animationのラインナップのバラエティの広さを示した。

あってブース上部に備え付けられた大画面には作品群が次々と流されるとあり、立ち止まって見上げる客も多数存在。ブース内部には2016年放送予定の『刀剣乱舞-花丸-』『僕のヒーローアカデミア』のパネルや『ハイキュー!!』の特大タペストリーが飾られて、多作品、広いファン層という強固な地盤を伺わせるに十分だ。『灰と幻想のグリムガル』のスペースには作中何度も登場したゴブリンの姿も。コミカルな動きと異様な愛嬌で、観る者の心をがっちり掴んで離さなかった。

ブース外周には『名探偵コナン 純黒の悪夢』のスペースがあり、コナン・哀の後ろにジンとベルモットが並ぶ。『血界戦線』の並びにある『亜人』のスペースでは永井圭IBMのオブジェの前でリアルIBMが観客を襲っていた。また裏手では『ハイキュー!!』の企画「“千羽烏”で応援旗を作ろう!」が開催。折り紙で作った烏にメッセージを書き込んで貼り付け、「飛べ」の文字を美しく形作っていた。

鮮やかな青色で彩られた新海誠監督による『君の名は。』は、企画配給共に東宝グループで行う夏の新作映画。キービジュアルやイメージボード、絵コンテなどが展示されていて、食い入るように見つめるファンの姿も多く見られた。

AnimeJapan 2016
ビジネスエリア: 2016年3月25日(金)~3月26日(土)
メインエリア: 2016年3月26日(土)~3月27日(日)
場所: 東京ビッグサイト
《平工 泰久》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集