中国で大人気のWEBコミックがアニメ化!「絵梦-haoliners」ブースレポート | アニメ!アニメ!

中国で大人気のWEBコミックがアニメ化!「絵梦-haoliners」ブースレポート

2016年3月26日、27日に開催されたAnimeJapan 2016内「絵梦-haoliners」ブースの様子をお届けする。

イベント・レポート
中国で大人気のWEBコミックがアニメ化!「絵梦-haoliners」ブースレポート
  • 中国で大人気のWEBコミックがアニメ化!「絵梦-haoliners」ブースレポート
  • 中国で大人気のWEBコミックがアニメ化!「絵梦-haoliners」ブースレポート
  • 中国で大人気のWEBコミックがアニメ化!「絵梦-haoliners」ブースレポート
  • 中国で大人気のWEBコミックがアニメ化!「絵梦-haoliners」ブースレポート
  • 中国で大人気のWEBコミックがアニメ化!「絵梦-haoliners」ブースレポート
2016年3月26日、27日に開催された東京ビッグサイトで開催されたAnimeJapan 2016に出展された絵梦-haolinersブースの様子をお届けする。
新規アニメーションチーム「絵梦」は、アニメーションブランド「HAOLINERS」を展開する、上海にあるコンテンツ会社の子会社。日本で設立され、現在第1弾作品として『銀の墓守り(ガーディアン)』を手掛けている。

『銀の墓守り』は、中国でWEBコミックとして多大な支持を得ている大人気連載作品。現在累計PV数が4億アクセスを超えており、今も日々記録を塗り替えている。
ブース内には、そのTVアニメ『銀の墓守り(ガーディアン)』の映像やキービジュアル、その他中国で人気を得ているアニメのポスターが公開されていた。また、キャラクターのコスプレをした女性も2人並んでおり、撮影に快く応じてくれた。
《月乃雫》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集