「リトルプリンス 星の王子さまと私」誕生の舞台裏を解き明かす展覧会がスタート | アニメ!アニメ!

「リトルプリンス 星の王子さまと私」誕生の舞台裏を解き明かす展覧会がスタート

『リトルプリンス 星の王子さまと私』と日本橋高島屋がコラボし開催される「リトルプリンス 星の王子さまと私」展が11月19日(木)、同8階特設会場で開幕した。

イベント・レポート
ビビる大木、マーク・オズボーン監督、松井玲奈/「リトルプリンス 星の王子さまと私」展
  • ビビる大木、マーク・オズボーン監督、松井玲奈/「リトルプリンス 星の王子さまと私」展
  • 「リトルプリンス 星の王子さまと私」展
  • 「リトルプリンス 星の王子さまと私」展
  • 「リトルプリンス 星の王子さまと私」展
  • マーク・オズボーン監督、松井玲奈、ビビる大木/「リトルプリンス 星の王子さまと私」展
  • 「リトルプリンス 星の王子さまと私」展
  • 「リトルプリンス 星の王子さまと私」展
  • 「リトルプリンス 星の王子さまと私」展
サン=テグジュペリ著の「星の王子さま」を初めて映画化する『リトルプリンス 星の王子さまと私』と日本橋高島屋がコラボし開催される「リトルプリンス 星の王子さまと私」展が11月19日(木)、同8階特設会場で開幕した。

マーク・オズボーン監督公認による日本初の展覧会で、映画制作の舞台裏が分かるメイキング映像をはじめ、ストップモーション・アニメーション手法で実際に使われたパペット人形など、ほとんどが日本初公開となる100点以上のアートワークが展示されている。

オープニングセレモニーには来日中のオズボーン監督をはじめ、日本語版吹き替えを務めるビビる大木、タレントでかつて「星の王子様」の朗読劇を披露したこともある松井玲奈が出席。オズボーン監督は「撮影中はバラバラだったピースが、こうして一堂に会するのは本当に感動的。映画の生まれる過程、そしてスタッフの愛情を感じてもらえれば」と感無量の面持ちだった。

今回“うぬぼれ男”を演じ、声優に初挑戦した大木さんも「時間をかけて、妥協せずにキャラクターに命を吹き込む作業を知ることができる」と展示に大感激。この日は劇中キャラそっくりの鮮やかな衣装で登場し、オズボーン監督から「アメイジング! でもあんまり褒めると、うぬぼれちゃうかな(笑)」とイジられる場面も。現在は、第1子となる生後3か月の女の子のパパであり「いまはまだわからないかもしれないけど、小学生になったら見せたい」と目を細め、「育児もやってますよ。育児を通して、成長した大木の姿も見てもらえるはず」と胸を張った。

「原作に加えて、新しいストーリーが広がっている」と映画を気に入った様子の松井さんは、「好きな男性のタイプは星の王子さま。 すごくピュアな心を持っているから」と明かし、「周りに? いないですねえ…」と話していた。本展は東京を皮切りに神奈川、大阪、京都を巡回。日本橋高島屋での開催は、12月1日(火)まで。

『リトルプリンス 星の王子さまと私』は、11月21日(土)より全国にて公開。

『リトルプリンス 星の王子さまと私』誕生の舞台裏を解き明かす展覧会がスタート!

《text:cinemacafe.net》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集