「大阪のみんな、待たせちゃってごめんね」 梅田ブルク7にて「魔法少女まどか☆マギカ」舞台挨拶 | アニメ!アニメ!

「大阪のみんな、待たせちゃってごめんね」 梅田ブルク7にて「魔法少女まどか☆マギカ」舞台挨拶

イベント・レポート

・梅田ブルク7にて大ヒット記念舞台挨拶
  • ・梅田ブルク7にて大ヒット記念舞台挨拶
  • (c)Magica Quartet/Aniplex・Madoka Movie Project Rebellion
10月26日に全国劇場公開された『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語』が絶好調だ。公開最初の週末2日間で4億円超の興収が話題を呼ぶなど、ビッグタイトルぶりを発揮している。公開2週目も快調となっている。
そんなヒットを受けて、11月2日には大阪・梅田ブルク7にて大ヒット記念舞台挨拶が行われた。登壇したのは、悠木碧さん(鹿目まどか役)、斎藤千和さん(暁美ほむら役)、水橋かおりさん(巴マミ役)、喜多村英梨さん(美樹さやか役)、野中藍さん(佐倉杏子役)さんの5人、テレビシリーズからの本作の魔法少女たたちを演じてきた声優陣が勢揃いとなった。

話題の映画ではあるが、『[新編]叛逆の物語』として声優陣が集めるイベントはこれが初めて。これに対して悠木碧さんが「大阪のみんな、待たせちゃってごめんね」と挨拶。本作のファンならお馴染みの名台詞から引用した言葉に会場は、大喝采となった。
トークは上映前だったこともあり、ネタバレを警戒しながらの慎重ものとなったが、そうした雰囲気も含めて会場を盛りあげたかたちだ。そうしたなかでキャストが、アフレコの様子や作品への熱い想いを披露した。
一方、すでに本作を2度、3度観たファンも相次いでいるようだ。今後のさらなる盛り上がりが期待される。

11月の3連休にはテレビでも、本作の大きな企画が行われている。11月4日朝8時からは、テレビ東京で『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語』公開記念特番の放送が予定されている。
さらに同じ11月4日の深夜2時42分からは、劇場版前作の『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語』がTBSで放送される。『[後編]永遠の物語』は、6日深夜3時5分からとなる。

『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語』
/http://www.madoka-magica.com/


悠木碧さん (鹿目まどか役)
「テレビシリーズでは、3話以降、泣かない回がなかったのですが、[新編]では、とってもキラキラした愛されるキャラになっています。そういった意味で、もう一度まどかと向き合う機会になったと思います。[新編]は、新しい「まどか☆マギカ」が書き足されて、彼女たちの戦いってまだ続いてたんだって思っていただけると思います。」

斎藤千和さん (暁美ほむら役)
「わが「まどマギ」人生に一片の悔いなし!といいたいところですが、ちょっと悔いが残ります。これだけみなさんが応援してくれるのに、もしこれが最後だとしたらと思うと。でも、これは完結編とかではなく[新編]なのでここからまた何かが始まるといいなと思います。映画館で堪能できるのはとても贅沢な時間なので、堪能していただけたらいいなと思います。」

水橋かおりさん(巴マミ役)
「私自身もこの作品のファンなので、アフレコしていると、ついつい見入ってしまって出番を忘れてしまうこともありました。本作は音響効果も凝っていて、細かいところまでこだわって作られています。この作品を、台詞に絡めて言うならば、“もう、何も恐くない”かな(笑)。」

喜多村英梨さん (美樹さやか役)
「いちファンとして、ストーリー、キャラクターはもちろんのこと、劇団イヌカレーさんによる映像美というのも魅力だと思います。特に、私が演じる美樹さやかは、まどかに負けじと、アルティメット化というか巨大化?なんてこともあるので、楽しんでください。」

野中藍さん (佐倉杏子役)さん
「杏子はあいかわらず今回もいろんなところで、食べていますので、その辺も、他の湿るんじゃないかなと思います。ネタバレは気をつけて。“ネタバレは、私が許さない。”」
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集