奥浩哉「いぬやしき」が新宿に登場 実写版ポスターは「アニマリアル」の協力で完成 | アニメ!アニメ!

奥浩哉「いぬやしき」が新宿に登場 実写版ポスターは「アニマリアル」の協力で完成

『GANTZ』を生み出した奥浩哉氏が描く最新作『いぬやしき』第5巻の発売を記念して、新宿駅に実写版“リアルいぬやしきポスター”の掲出が行なわれる。

ニュース
『GANTZ』を生み出した奥浩哉氏が描く最新作『いぬやしき』第5巻が11月20日に講談社より刊行される。この発売を記念して、新宿駅でサイプライズな企画が実施されている。
『いぬやしき』の世界観をリアルな実写として実現、“リアルいぬやしきポスター”として完成させた。このリアルポスターは、11月16日から22日の期間限定で新宿駅で掲出されている。

ポスターの制作にあたっては、アニメとリアルを融合するクリエイター集団のプロジェクト「アニマリアル」の協力を得た。文字どおりリアルなインパクトのあるイメージを創りあげた。
「犬屋敷壱郎」を演じるキャスティングを探すのには約1年をかけたそうだ。その努力に見合った、会心のクオリティに仕上がっている。現在は講談社の公式YouTubeチャンネルにて、メイキング映像が公開中だ。


このポスターを撮影してTwitterに投稿すると奥浩哉氏直筆サイン入り色紙が3名に当たるプレゼントキャンペーンも同時にスタートする。
「リアルいぬやしきを探せ!」と題した本キャンペーンは、新宿駅のリアル犬屋敷壱郎を撮影し、ハッシュタグ「#リアルいぬやしき」を付けて発見報告をツイートするだけで参加できる。キャンペーン期間中は何度でも応募可能とのこと。

さらにキャンペーンサイトでは『いぬやしき』公式アカウントのポスター画像付きツイートをリツイートするだけで奥浩哉氏直筆サイン入りポスターが10名に当たるキャンペーンも開催。
プレゼント当選の連絡はTwitterのダイレクトメッセージにて行われる。公式アカウント「@inuyashiki_tan」のをフォローが必要だ。
また、期間中は『いぬやしき』1巻がまるごと試し読みできるなど、各電子書店でもキャンペーンが実施される。本作に触れたことのない人は、まずはこちらで確認するといいだろう。
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集