「映画ちびまる子ちゃん」 中川大志、劇団ひとり、パパイヤ鈴木ら異色の声優出演 | アニメ!アニメ!

「映画ちびまる子ちゃん」 中川大志、劇団ひとり、パパイヤ鈴木ら異色の声優出演

ニュース

「映画ちびまる子ちゃん」 中川大志、劇団ひとり、パパイヤ鈴木ら異色の声優出演
  • 「映画ちびまる子ちゃん」 中川大志、劇団ひとり、パパイヤ鈴木ら異色の声優出演
『映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』が12月23日(水・祝)より全国公開となる。長年、国民に愛されてきた「ちびまる子ちゃん」だが、劇場映画は実に約23年ぶりになる。「ちびまる子ちゃん」史上でも、とりわけ大きな事件と言っていいだろう。
そんな本作のために、原作者のさくらももこさんが自らが脚本を担当することも話題だ。テレビでは見られない長編ストーリーの「ちびまる子ちゃん」が注目だ。

そんな気になる映画のストーリーは、国際交流となる。まる子の住む町に外国の子どもたちがやって来る。そして、まる子の家にもイタリア人の少年・アンドレアがホームステイをすることになる。
さらにアンドレアやクラスメイトと一緒にまる子は、生まれて初めての大阪・京都旅行にでかける。まる子たちがどんな交流をするのか楽しみだ。

今回、この外国人の子どもたちの声を演じるゲスト声優が発表された。いずれも意表をついた個性豊かなタレントが並んだ。
まずまる子の家にホームステイをするアンドレア役を演じるのは、ドラマ『家政婦のミタ』や『水球ヤンキース』に出演し注目を集める俳優・中川大志さん。インド人の男の子・シン役を劇団ひとりさんが演じる。
さらに食いしん坊なハワイの男の子・ネプ役をパパイヤ鈴木さん。また、サンバを踊ることが大好きなブラジル人の女の子・ジュリア役を渡辺直美さん、香港の女の子・シンニー役をローラさんがそれぞれ担当する。かなりにぎやかな面々である。

今回決定した5人のキャストが、「ちびまる子ちゃん」をどのように彩ってくれるのか、国際色豊かな子どもたちとまる子の旅はどうなるのか、期待が益々高まる。
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集