バトーも登場、舞台「攻殻機動隊 ARISE」に新しいキャラクタービジュアル | アニメ!アニメ!

バトーも登場、舞台「攻殻機動隊 ARISE」に新しいキャラクタービジュアル

ニュース

舞台だけしか再現できないと銘打って実現する『攻殻機動隊 ARISE:GHOST is ALIVE』が、いよいよ全てのキャラクタービジュアルを公開したた。第3弾として公開されたのはバトー、ボーマ、イバチ、サイードの4名である。
なかでもバトーは作品でも人気の高いキャラクターだけに、また大きな注目を集めそうだ。

『攻殻機動隊 ARISE:GHOST is ALIVE』は、2013年から展開する新シリーズ「攻殻機動隊ARISE」を舞台化したものだ。池袋の東京芸術劇場プレイハウスで、2015年11月5日から15日までの公演される。
演劇で3D映像の使用、さらに演出では光学迷彩を使用する。2.5次元というだけでなく、舞台としても新たな試みを行う話題だ。

第3弾で公開されたキャラクターは、バトー、ボーマ、イバチ、サイードの4名。バトーはシリーズでも人気の高いキャラクターである。演じるのは八神蓮さん、ミュージカル『テニスの王子様』の幸村精市役でデビューし、『ごくせん』や『ゴッドハンド輝』などのドラマや映画でも活躍している。2.5次元舞台も多く『戦国BASARA』や『ダンガンロンパ』、『神様はじめました』などにも出演している。
ボーマを演じるのは松崎裕さん、ミュージカル『テニスの王子様』で田仁志慧役を演じ、他にもスーパーミュージカル『聖闘士星矢』ではオリオン星座のジャガー役、舞台『K』では鎌本力夫役でも活躍する。イバチは高崎俊吾さん、『ハマトラ THE STAGE-CROSSING TIME-』や映画で活躍する若手の俳優だ。サイードは、舞台『BLOOD-C』や『ペルソナ4ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ』などに出演した吉川麻美さんが演じる。

『攻殻機動隊 ARISE:GHOST is ALIVE』
場所: 東京芸術劇場プレイハウス
公演期間: 2015年11月5日(木)~11月15日(日)

『攻殻機動隊 ARISE:GHOST is ALIVE』
(C)士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊ARISE」製作委員会
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集