アジア太平洋映画賞長編アニメーション部門 日本から「百日紅」「思い出のマーニー」がノミネート | アニメ!アニメ!

アジア太平洋映画賞長編アニメーション部門 日本から「百日紅」「思い出のマーニー」がノミネート

ニュース

アジア太平洋映画賞(The Asia Pacific Screen Awards)が、2015年の長編アニメーション部門(Best Animated Feature Film)、長編ドキュメンタリー部門(Best Documentary Feature Film)、そして若手監督部門(Best Youth Feature Film)のノミネート作品を発表した。ノミネートは各部門5作品、このうち長編アニメーション部門には、日本から原恵一監督の『百日紅 ~Miss HOKUSAI~』、米林宏昌監督の『思い出のマーニー』の2作品が選ばれている。

アジア太平洋映画賞は2007年にスタート、今年9回目を迎える。世界70ヵ国の広い地域から優れた映画と映画人を顕彰する。長編アニメーション部門は主要部門のひとつで、設立当初から設けられている。
同部門はこれまでも日本からもたびたびノミネートされている。このうち2007年の『秒速5センチメートル』(新海誠監督)、2012年の『ももへの手紙』(沖浦啓之監督)、2014年の『かぐや姫の物語』(高畑勲監督)と過去に3度の最優秀長編アニメーション賞の受賞がある。2015年は4度目の受賞があるか注目される。

今回ノミネートされた『百日紅 ~Miss HOKUSAI~』は、杉浦日向子のマンガを原作に江戸時代の浮世絵師・葛飾北斎の娘で、自身も浮世絵師として活躍したお栄を主人公に描いた。『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』『カラフル』などで知られる原恵一を監督に、プロダクション I.Gがアニメーション制作を担当した。すでにアヌシー国際アニメーション映画祭で長編作品審査員賞と大きな賞に輝いている。有力候補のひとつだろう。
一方『思い出のマーニー』は英国の作家ジョーン・G・ロビンソンの児童小説を米林宏昌監督がアニメ化した。制作スタジオジブリ/西村義明プロデューサーは、昨年の最優秀受賞作の『かぐや姫の物語』と同じだけに注目を浴びそうだ。

日本以外からは、ロシアの『雪の女王 新たなる旅立ち』、韓国の『The Road Called Life』、そしてオーストラリア/インド/アイルランドの共同製作の『Blinky Bill The Movie』の3作品が選ばれている。
『雪の女王 新たなる旅立ち』はアンデルセンの童話を基に制作された映画の続編の位置づけ、ロシアで大ヒットしたCGアニメーションである。『Blinky Bill The Movie』はコアラが主人公のCGアニメーション。『The Road Called Life』は2Dテーストの柔らかな作画が特徴だ。
このほか最優秀作品賞や監督賞など主演男優賞・女優賞のノミネートは今後発表される。2015年オーストラリアのブリスベーンで開催される授賞式にてノミネートの中から最優秀賞が発表される。

アジア太平洋映画賞(The Asia Pacific Screen Awards)
http://www.asiapacificscreenacademy.com/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集