板野一郎、神山健治ら「3DCGアニメーション制作のミライ」10月27日の黒川塾に登壇 | アニメ!アニメ!

板野一郎、神山健治ら「3DCGアニメーション制作のミライ」10月27日の黒川塾に登壇

ニュース

コンテンツ業界の様々なトピックスをテーマに好評を博している「黒川塾」。この第二十九回目はCGアニメを取りあげる。「3DCGアニメーション制作のミライ」と題して開催する。
開催は10月27日、ゲストには板野一郎氏、神山健治氏、土屋和弘氏、阿尾直樹氏、森口博史氏らを招く。CGアニメの新しい動向のなかで注目を集める最前線のクリエイターが登壇する。当日はCGアニメの最新の動向が語られそうだ。

「黒川塾」は黒川文雄氏主催するセミナーで、エンタテインメントをポジティブに考えることを目指して各界からゲストを招く。今までにアニメ、ゲーム、声優など様々なテーマで開催されてきた。毎回ゲストが登場し、その業界ならではのトークを聞くことができる。
今回登壇する板野一郎氏、神山健治氏はアニメーション監督、土屋和弘氏はカプコンで『機動戦士ガンダムVS.シリーズ』や『Fate/unlimited codes』の他に『バイオハザード 0 HDリマスター』などのゲームを手がけている。阿尾直樹氏、森口博史氏はグラフィニカでCGアニメの制作に携わる。

板野一郎監督、神山健治監督は、アニメファンにはお馴染みの存在だ。板野一郎さんは『機動戦士ガンダム』『伝説巨神イデオン』などを手がけ、ミサイルやメカ、爆発などの作画を得意とする。そのアクロバティックな作画から「板野サーカス」と呼ばれ、現在はそうした技術をCGに継承することに挑戦する。2014年に話題となった3DCGアニメーション『楽園追放-Expelled from Paradise-』ではモーションアドバイザーを務めた。
神山健治監督は『攻殻機動隊S.A.C』や『東のエデン』、そして3DCGアニメーション映画『009 RE:CYBORG』を手がけた。ヒットメーカーとして知られるがが制作技術にも関心が深い。阿尾直樹氏、森口博史氏はグラフィニカで『楽園追放-Expelled from Paradise-』の制作に参加した。

めまぐるしく進化する3DCGアニメーション、ゲームだけでなく、アニメとしても遜色なく視聴され、制作も増えている。その制作現場最前線に立つクリエイターたちの話とあって、ファンには興味深い内容となりそうだ。制作段階の具体的な事例など、現場にいるものにしか分からないトークが聞けそうだ。

黒川塾 二十九 (29)「3DCGアニメーション制作のミライ」
http://peatix.com/event/118583/view

場所: デジタルハリウッド大学大学院 駿河台キャンパス
日時: 2015年10月27日(火曜日)19時00分 開場 19時30分開始
90分~程度 終了後 軽食 懇親交流会あり
金額: PeaTIX事前申し込み3500円 当日料金4000円/学生3500円 ※要学生証
    デジタルハリウッド在校生割引2000円 ※要学生証

[/アニメ!アニメ!ビズ/www.animeanime.bizより転載]
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集