「NARUTO」外伝単行本が8月3日発売 「ジャンプ」36号に掛け替えカバーが付属 | アニメ!アニメ!

「NARUTO」外伝単行本が8月3日発売 「ジャンプ」36号に掛け替えカバーが付属

『NARUTO-ナルト-外伝 ~七代目火影と緋色の花つ月~』の単行本が8月4日発売する。さらに8月3日(月)発売の「週刊少年ジャンプ」36号には、本作のかけ換えカバーが付属する。

ニュース
「週刊少年ジャンプ」にて短期集中連載されたマンガ『NARUTO-ナルト-外伝 ~七代目火影と緋色の花つ月~』の単行本が8月4日発売される。さらに8月3日(月)発売の「週刊少年ジャンプ」36号には、本作のかけ換えカバーが付属する。

『NARUTO-ナルト-外伝~七代目火影と緋色の花つ月~』は、2014年に堂々完結を迎えた『NARUTO-ナルト-』の“その後”を描いたスピンオフマンガだ。ナルトの息子・ボルトたち新世代を中心にサスケ、サクラ、サラダのうちは一家に焦点を当てた物語を描く。
忍界大戦から時は流れ、人々は平和を享受していた。木ノ葉の里では新たな世代が育ちはじめている。だが、写輪眼を持つ不穏な影が蠢動を始め、サスケとサクラの娘・サラダが標的として狙われる……。

マンガ単行本の発売を記念し、8月3日(月)発売の「週刊少年ジャンプ」36号に本作のかけ換えカバーが付属することとなった。オリジナルの単行本のカバーでは、成長したナルトのほかサラダやチョウチョウが描かれているが、かけ換えカバーでは、ボルトやミツキらが描かれている。

『NARUTO -ナルト-』は、1999年より「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載スタートして以来、国内のみならず海外からも高い人気を誇ってきた。2014年11月に惜しまれつつ連載完結を迎えたが、現在は“NARUTO新時代開幕プロジェクト”が進行中だ。2015年8月7日にはその集大成となる映画『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』が公開される。
さらに先月7月には『NARUTO-ナルト-』のハリウッド実写化が発表され、大きな注目を集めた。今後もナルト旋風はまだまだ続きそうだ。
《沖本茂義》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集