「ガラスの花と壊す世界」新ビジュアルと特報公開 音楽は横山克 | アニメ!アニメ!

「ガラスの花と壊す世界」新ビジュアルと特報公開 音楽は横山克

ニュース

2016年1月9日公開の映画『ガラスの花と壊す世界』の最新情報が明らかになった。まず新規キービジュアルが発表となった。ここでメインキャラクターとなる少女3人の姿が確認できる。
音楽は作曲家の横山克さんが手がける。新たに配信をスタートした特報で、その一部を聴くことが可能だ。7月18日からは劇場前売券も販売されている。公開まで半年を切る中で、いよいよ本格的に動き出す。 

『ガラスの花と壊す世界』は2013年開催のアニメ化大賞の受賞作『D.backup(ディー・ドット・バックアップ)』を原案とする新作オリジナルアニメである。劇場企画としては野心的だ。
ストーリーは新キービジュアルに描かれるメインキャラクターの3人の少女、リモ、デュアル、ドロシーを中心に展開する。ウイルスに襲われていたリモが、デュアルとドロシーに助けられたことで物語が始まる。リモは自分の名前と「お花畑に、帰らないと」という言葉以外の記憶をなくしているという。今後明かされていくストーリーにも注目したい。

さらに新スタッフとして音楽に横山克さんを迎えた。横山さんは『乱歩奇譚 Game of Laplace』や『プラスティック・メモリーズ』をはじめ、多くのアニメ作品で楽曲を手がけている。映画やテレビドラマでも音楽を務めた経験を持ち、楽曲面も楽しみな作品となった。特報映像の配信も開始され、作品の世界観をいち早く味わうことができる。



7月18日より劇場前売券の販売もスタート。新宿バルト9、シネマサンシャイン池袋ほか上映予定劇場で取り扱っている。特典としてキャラクター原案・カントクの特製きらきらクリアファイルがプレゼントされる。価格は1500円(税込)だ。
監督は『新世界より』の石浜真史さんが担当。脚本は志茂文彦さん、アニメーション制作はA-1 Picturesが行う。
[高橋克則]

『ガラスの花と壊す世界』
2016年1月9日(土)新宿バルト9、シネマサンシャイン池袋ほかにて劇場公開
http://garakowa.jp/
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集