シリーズ27作目映画「アンパンマン」最新作 前年を大きく超える快調スタート | アニメ!アニメ!

シリーズ27作目映画「アンパンマン」最新作 前年を大きく超える快調スタート

ニュース

子どもたちに大人気のアンパンマン、その劇場最新作『それいけ!アンパンマン ミージャと魔法のランプ』が7月4日より全国公開をスタートした。全国163の劇場で公開初日を迎えたが、これが大ヒットのスタートを切った。
初週末2日間の興収は前年対比119%の8511万3700円、動員は70624人となる。この数字は2000年代以降の映画「アンパンマン」シリーズでは過去最高になる。

2014年の『それいけ!アンパンマン よみがえれバナナ島』は、最終興収が5.1億円であったが、いまの勢いではこれを大きく上回りそうだ。
また同じ週に公開された新作映画では、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』『ひつじのショーン』に続くヒットになっている。子ども観客の多い「アンパンマン」シリーズは、一日のうち上映が朝と午後に集中し、夜は少ない。また一人あたりの料金単価も他の映画と比べると低めである。そのなかでのトップランキング入りは、文字どおりアンパンマンの人気の高さを示すものだ。

今回のヒットについて配給では、作品の観客のメイン層は2~5才の子どもたちとしている。そうしたなかで、子どもたちの映画デビューの場として認知が拡大していると結果とする。さらにテレビ放送と異なり、映画では小学生の子達たちも劇場に訪れている。
家族で楽しめる映画として、多くの人たちに愛されているようだ。本作の快進撃は、今後もまだまだ続きそうだ。

『それいけ!アンパンマン ミージャと魔法のランプ』
anpan-movie.com/2015

『それいけ!アンパンマン ミージャと魔法のランプ』
(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV (C)やなせたかし/アンパンマン製作委員会2015
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集