「アントマン」日本版ポスター公開 1.5センチの最小ヒーローが登場 | アニメ!アニメ!

「アントマン」日本版ポスター公開 1.5センチの最小ヒーローが登場

ニュース

史上最小のヒーローが活躍するマーベル映画『アントマン』は9月19日に全国公開を迎える。このたび、日本版のポスタービジュアルが発表された。身長1.5センチのスケール感を表現したユニークな1枚に仕上がっている。

マーベルはアイアンマンやキャプテン・アメリカなど、数々のヒーローたちを実写映画化して世界中を熱狂させてきた。だが本作の主人公・アントマンは、身長がわずか1.5センチになる特殊能力を持つ異色ヒーローだ。映画本編ではどこにでもある机やコップはもちろん、ホコリまでも巨大化し、今まで見たことのない映像世界が繰り広げられていく。
日本版ポスターは目覚まし時計、コップ、腕時計など日常品に囲まれたアントマンの姿が表現されており、彼の小ささを体感することができる。アントマンは表情が分からないほどの小ささだが、そのインパクトは抜群なポスターである。

本作の映画化にあたり、エグゼクティブ・プロデューサーのブラッド・ウィンダーバウムは「スケール感を出すために常にアントマンの横には大きなものを置き、1コマの中でとにかく小さく見えるようにしたんだ」と制作秘話を語った。「アイアンマンのようにフレームの中で大きく見せることは今まで行ってきたが、反対にヒーローを小さく見せるのはチャレンジだったよ」と真逆の発想から生まれた演出を取り入れたとのことだ。
アントマンは自由自在に身体のサイズを変えることができ、戦っている最中に一瞬で元に戻るなど、ユニークな戦術を駆使する。普通のマーベルヒーローとは異なるアクションを楽しめるだろう。

アントマンなれる驚異のスーツを着るスコット・ラング役は『40歳の童貞男』や『ウォールフラワー』などコメディ映画を中心に幅広く活躍しているポール・ラッドが演じた。監督は『イエスマン“YES”は人生のパスワード』のペイトン・リードが務め、マーベルならではのアクションに、ユーモアと哀愁に満ちた人間ドラマが融合される。
[高橋克則]

『アントマン』
2015年9月19日ロードショー

原題: ANT-MAN
全米公開: 2015年7月17日
監督: ペイトン・リード
製作: ケヴィン・ファイギ
出演: ポール・ラッド/マイケル・ダグラス/エヴァンジェリン・リリー
配給: ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集