リアル「じょしらく」は乃木坂46が演じるライトで楽しいコメディ  | アニメ!アニメ!

リアル「じょしらく」は乃木坂46が演じるライトで楽しいコメディ 

高浩美の アニメ×ステージ&ミュージカル談義 ■ 「アイドル×落語。この異色の要素が合わさって魅せる、アイドルが魅せる、寄席へようこそ」(制作)

連載・コラム
(C)久米田康治・ヤス/講談社
  • (C)久米田康治・ヤス/講談社
  • (C)久米田康治・ヤス/講談社
  • (C)久米田康治・ヤス/講談社
  • (C)久米田康治・ヤス/講談社
  • (C)久米田康治・ヤス/講談社
  • (C)久米田康治・ヤス/講談社
  • (C)久米田康治・ヤス/講談社
  • (C)久米田康治・ヤス/講談社
連載第126回
高浩美の アニメ×ステージ&ミュージカル談義  
[取材・構成: 高浩美]

■ 「アイドル×落語、アイドルが魅せる、寄席へようこそ」

『じょしらく』は、「別冊少年マガジン」に連載されたギャグマンガ作品、原作は久米田康治、作画をヤスが担当した。ガールズ落語家マンガで、日常のどうでもよいことからネタを広げ、話を展開させる。
落語をしている場面よりも寄席の楽屋での会話が主体となる。一話完結スタイルで、外には出ない。

また各話のタイトルはそれぞれ古典落語に由来する。2010年に単行本第壱巻が通常版とキャラ落語CD付き特装版の形式で同時発売された。2012年1月にはテレビアニメ化が発表され、同年7月に放送された。
メインキャラクターは全員が高座名で語られており、本名は不明。登場する落語家は5人。皆、個性的な高座名だ。

暗落亭 苦来(あんらくてい くくる)ダウナー系で躁鬱気質、浮き沈みの激しい性格、愛称はくくる。空琉美遊亭 丸京(くうるびゆうてい がんきょう)話の導入や繋ぎ、展開、オチ、さらには色気ネタをも担当することもあり、万能キャラ。蕪羅亭 魔梨威(ぶらてい まりい)やや見栄っ張りでノリやすい性格で進行役兼ツッコミ役。防波亭 手寅(ぼうはてい てとら)。ノリの良い性格で”テトちゃん”と呼ばれている。高座名の由来は防波堤とテトラポット。波浪浮亭 木胡桃(はろうてい きぐるみ)天真爛漫でロリキャラ、仲間たちからは”キグちゃん”と呼ばれている。
この個性的な面々に乃木坂46のメンバーが挑戦、しかもトリプルキャストとなる。

制作によれば観劇オススメポイントは3つあるそう。「まず、トリプルキャスト。チーム『ら』『く』『ご』と3チームに分かれているため、脚本は同じでも、舞台は三者三様。どの公演も、各チームならではの色と味があって、見ごたえたっぷり。ぜひ、お気に入りのチームを探してみて下さい」と語る。同じ脚本・演出でも役者が変われば空気も変わる、とのこと。
そして2つ目は「オリジナルストーリー、今回の舞台の題材である、漫画『じょしらく』のマンガをベースとしながらも、彼女たちだから演じられる“女子落語家”のオリジナルストーリーも織り交ぜてお届けします」。原作の魅力+α、ここは要注目である。
そして3つ目はアイドルが落語に本格挑戦。舞台の目玉でもある“落語”を、各メンバーが日替わりで披露すること。「披露する演目は、この『じょしらく』の為だけに作られた創作落語です。5キャラクター15人が紡ぐ、その一席を見逃さないで欲しい」と締めくくった。
トリプルキャストなので、3チーム全て観たいのは率直なところだが、それはなかなか大変だ。しかし、各チームの千秋楽がライブビューイングで映画館で体感出来るので、3チーム全て見届けることが可能だ。キャストの名落語家ぶりに期待したい。
《高浩美》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集