実写ドラマ「となりの関くんとるみちゃんの事象」関くん役に渡辺佑太朗、るみ役はトミタ栞 | アニメ!アニメ!

実写ドラマ「となりの関くんとるみちゃんの事象」関くん役に渡辺佑太朗、るみ役はトミタ栞

ニュース

2015年7月よりMBSとTBSで「となりの関くんとるみちゃんの事象」の放送が始まる。番組は人気のマンガ『となりの関くん』と『るみちゃんの事象』をそれぞれ実写ドラマ化、2本立てで深夜に放送するという贅沢な企画だ。
学園もの、ギャグ作品との共通点はあるものの、原作の出版社は異なる。それを同時にドラマ化し、同じ枠で放送してしまう異例の番組だ。

両作を主演するキャストが発表された。『となりの関くん』では、つぎつぎに一人遊びを見つけ出し、授業をさぼる関くん役には渡辺佑太朗が決定した。2014年春公開の映画『5つ数えれば君の夢』でデビューしたばかりの注目株である。
また『るみちゃんの事象』では、不思議キャラのるみちゃんをトミタ栞が演じる。音楽バラエティー番組のMCなどで活躍する話題のタレント・アーティストだ。

『となりの関くん』は、森繁拓真が2010年より「月刊コミックフラッパー」(KADOKAWA)に連載する人気マンガ。累計発行部数320万部突破を超える。2014年にはテレビアニメ化もされ人気に拍車がかかった。今回の実写ドラマ化でさらに多くの人が知ることになりそうだ。
真面目な女子学生の横井さんは、いつもとなりの席の関くんが気になってしょうがない。関くんは授業中に自身の机のうえで、次々と一人遊びを始めてしまう。ドミノや将棋、ゴルフ、ラジコンなどなど…。奇想天外のアイディアと、シュールな展開のギャグコメディだ。

そして『るみちゃんの事象』は、原克玄が2011年より「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)に連載する。シュールギャグを得意とする原克玄の世界観が存分に発揮された作品だ。カルトな人気を誇る。
るみちゃんは、特技は脱臼、カラオケでは「千葉真一や、ちばてつやを歌う」というふしぎな女子高生。そんなるみちゃんの日常をギャグ満載で描き出す。

MBSは7月26日24時50分から、毎週日曜日深夜の放送となる。TBSは毎週火曜日25時11分からだ。番組は30分枠、全8話を予定している。

「となりの関くん」
http://www.drama-sekirumi.com
原作: 森繁拓真「となりの関くん」 (KADOKAWA「月刊コミックフラッパー」連載) 
演出: 細川徹、平林克理    
脚本: 細川徹    
制作: ダブ             
製作: ドラマの関くん製作委員会・MBS

「るみちゃんの事象」
http://www.drama-sekirumi.com
原作: 原克玄「るみちゃんの事象」(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載)     
演出: 月川翔、深迫康之     
脚本: 月川翔    
制作: ダブ 
製作: るみちゃんのドラマ製作委員会・MBS

■渡辺佑太朗 (「となりの関くん」関 俊成役) コメント
『となりの関くん』の世界観がどのようにして実写になっていくのかワクワクと不安でいっぱいですが、この夏、皆さんにとって1週間の楽しみがドラマ版『となりの関くん』になりますよう、監督さん、スタッフさん、キャストの方々と一致団結して、全身全霊頑張りますので是非応援宜しくお願い致します!

■トミタ栞 (「るみちゃんの事象」郁野るみ役) コメント
この度、まさかの“るみちゃん”役を、私、トミタ栞が演じさせて頂くことになりました。
本格的な演技は、今回が初挑戦で緊張していますが、精一杯やらせてもらいます!
この夏、“るみちゃん注意報” 発令します!

「となりの関くん」 (C)Takuma Morishige
「るみちゃんの事象」(C)原 克玄/小学館・ビッグコミックス
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集