ミラノ万博に“東北復興祭りパレード” ケロロ軍曹やドラえもん、キティが参加 | アニメ!アニメ!

ミラノ万博に“東北復興祭りパレード” ケロロ軍曹やドラえもん、キティが参加

日本を代表するキャラクターが、ミラノ万博のナショナルデー「ジャパンデー」に参加する。ケロロ軍曹やドラえもん、キティが登場する。

ニュース
国際文化の交流の場となる大型イベントのミラノ万博が5月1日からイタリアで開催されている。会場に設けられた日本館では日本食や日本の食文化を紹介し、連日大人気だ。
さらに7月11日にはナショナルデー「ジャパンデー」が設けられ、日本を集中的に紹介する。テーマを「東北復興祭りパレード in ミラノ万博」として、東北地方の10もの祭りが集合、日本の伝統と食の魅力を発信する。

さらにこれを、日本を代表するキャラクターが応援することになった。ハローキティやドラえもん、ケロロ軍曹がパレードに参加する。またJA グループをのキャラクター“笑味ちゃん”もこれに加わる予定だ。
なかでも目を惹きそうなのは、ケロロのキャラクターねぶただ。本場・青森のねぶた師がケロロとその仲間たちを5体のキャラクターねぶたとする。さらにハローキティとコラボレーションした七夕飾りも登場する。日本の伝統とポップカルチャー、日本を代表する文化の融合が大きな注目を集めそうだ。

また今回のイベントは、日本コンテンツの海外展開を支援するJ-LOP+の対象ともなっている。J-LOP+は映像や書籍などのローカライズのほか、コンテンツのプロモーションも支援している。今回は多くの人の目が集まる場で、日本コンテンツがパレードを盛り上げること、東北へのインバウンド観光の促進といった点が評価された。

J-LOP+は経済産業省が実施する「地域経済活性化に資する放送コンテンツ等海外展開支援事業費補助金」(約60億円)として実施するもので、日本のコンテンツの海外展開を面からサポートしている。
昨年度まで実施されてきたJ-LOPと併せて、とりわけコンテンツ関連業界から評価が高い。アニメ関連作品でも、J-LOPとJ-LOP+は広く活用されている。

東北復興祭りパレード in ミラノ万博
~復興支援への感謝と東北の元気を届けます~
(Tohoku Japan Revival Festival Parade ~Thanks & Welcome from Tohoku Japan~)
会場: ミラノ万博会場内の中央大通り日本館前から中央部付近の間
日時: 地時間7月11日(土)14:30~、16:30~の2回(予定)
[参加祭り]
二本松木幡の幡祭り、いわきじゃんがら念仏踊り、郡山うねめまつり
会津彼岸獅子舞、青森ねぶた祭、秋田竿燈まつり、盛岡さんさ踊り
山形花笠まつり、仙台七夕まつり、福島わらじまつり
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集