「逆転裁判2~さらば、逆転~」キャラクターの背景が見える舞台ならではの作品 | アニメ!アニメ!

「逆転裁判2~さらば、逆転~」キャラクターの背景が見える舞台ならではの作品

高浩美の アニメ×ステージ&ミュージカル談義 ■ ゲーム『逆転裁判2』のエピソードがベース、成歩堂は弁護士としての”究極の選択”を迫られる。

連載・コラム
「逆転裁判2~さらば、逆転~」キャラクターの背景が見える舞台ならではの作品
  • 「逆転裁判2~さらば、逆転~」キャラクターの背景が見える舞台ならではの作品
  • 「逆転裁判2~さらば、逆転~」キャラクターの背景が見える舞台ならではの作品
  • 「逆転裁判2~さらば、逆転~」キャラクターの背景が見える舞台ならではの作品
  • 「逆転裁判2~さらば、逆転~」キャラクターの背景が見える舞台ならではの作品
  • 「逆転裁判2~さらば、逆転~」キャラクターの背景が見える舞台ならではの作品
  • 「逆転裁判2~さらば、逆転~」キャラクターの背景が見える舞台ならではの作品
  • 「逆転裁判2~さらば、逆転~」キャラクターの背景が見える舞台ならではの作品
  • 「逆転裁判2~さらば、逆転~」キャラクターの背景が見える舞台ならではの作品
連載第117回
高浩美の アニメ×ステージ&ミュージカル談義  
[取材・構成: 高浩美]

■ ゲーム『逆転裁判2』のエピソードがベース、成歩堂は弁護士としての”究極の選択”を迫られる

『逆転裁判』が再び舞台化される。今回のタイトルは『逆転裁判2~さらば逆転~』。ゲームの『逆転裁判2』のエピソードをベースにした演出も用意しているそう。
主人公の成歩堂龍一役を務めるのは、さまざまな舞台に出演経験のある俳優の渡辺大輔。御剣怜侍役は和田琢磨、綾里真宵役は荻野可鈴と、前作『逆転裁判 ~逆転のスポットライト~』から引き続いての出演だ。また綾里真宵役役は椎名ひかりとのWキャストになる。斎藤栄作が脚本、演出はスーパー・エキサントリッック・シアターのの大関真。

ところで、ゲーム『逆転裁判』が初めて舞台化されたのは2009年、宝塚歌劇団である。タイトルは『逆転裁判 蘇る真実』。当時の宙組のトップスター・蘭寿とむ主演であった。
物語の舞台をアメリカに移し、蘭寿とむ演じるフェニックス・ライト(成歩堂龍一)が難事件を解決する、というものでゲームで使われる楽曲もミュージカルで再現された。しかも宝塚歌劇団史上初のゲームを題材にした作品で、この後、2度舞台化している。

そして2013年には斎藤栄作脚本、大関真の演出、主演の成歩堂龍一に兼崎健太郎を迎え、『逆転裁判~逆転のスポットライト~』が上演された。こちらも好評で再演も行われた。
映画化は2012年、成歩堂龍一役に成宮寛貴、御剣怜侍役は斎藤工、綾里真宵役は桐谷美玲となかなかのキャスティング。監督は三池崇史であった。

今回の舞台の見所は、ゲーム『逆転裁判2』のエピソードがベースになるという。このゲームの第4話のタイトルは『さらば、逆転』。『大江戸戦士トノサマン・丙!』の主役で大スターの王都楼真悟が、ライバル俳優の殺人容疑で逮捕された。その直後、真宵が営利誘拐され、成歩堂は殺し屋を名乗る誘拐犯から王都楼の弁護と無罪判決の要求を依頼される。裁判が進むにつれ、恐ろしい事実が浮かびあがり、成歩堂は弁護士としての”究極の選択”を迫られることになる……というものだ。
『逆転裁判』シリーズで初めてバッドエンドが登場するエピソードとなっているが、舞台は果たして?そして舞台ならではの演出もあるという。どんな展開になるのか、これは舞台上で確認するしかない。
《高浩美》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集