アフレコ裏話も披露!「ダンまち」ステージ@AnimeJapan2015 | アニメ!アニメ!

アフレコ裏話も披露!「ダンまち」ステージ@AnimeJapan2015

3月21日(土)・22日(日)に東京ビッグサイトで開催されたAnimeJapan2015で、テレビアニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」のステージイベントが行われた。

イベント・レポート
3月21日(土)・22日(日)に東京ビッグサイトで開催されたAnimeJapan2015で、テレビアニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」のステージイベントが行われた。
「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」はGA文庫大賞初の大賞作品が原作の、4月3日(金)からTOKYO MXを皮切りに放送がスタートする新アニメ。AnimeJapan2015のワーナーブースでは、アニメの絵コンテや台本、原画なども展示されていた。

ステージには松岡禎丞(ベル・クラネル役)、水瀬いのり(ヘスティア役)、大西沙織(アイズ・ヴァレンシュタイン役)、内田真礼(リリルカ・アーデ役)、井口裕香(オープニングテーマ担当)が登場した。
会場で初披露となったPV第2弾を上映したあと、作品やキャラクターについてのトークを展開。完成した第1話を見た感想として、松岡が「絵が綺麗で、ディテールがすごくて興奮した」と語ったように、アニメのクオリティはみんなが絶賛していた。

ちなみに、松岡の緊張感たっぷりの喋り方は相変わらずで、楽屋での様子をからかわれるほど。
そんなステージ上と同様にアフレコ現場はとても和やかのようで、無口なキャラクターであるアイズが最終話まで何ワード喋るのか数えているらしい。
また、初めてヒロインを演じる水瀬は、ヘスティアの乙女の表情と神の威厳とのギャップを上手く出せるように気をつけたと語った。

ステージ後半は番組タイトルに絡めて、松岡の気になる部分を質問する「松岡さんに●●を尋ねるのは間違っているだろうか」のコーナーを実施。
アフレコ現場で一番端っこに座っているのはなぜかと聞かれた松岡は、理由を必死に答えるものの、試しにステージ上で女性陣の間に座らされてしまう。さらに、松岡と内田が2人とも「人とフレンドリーになれるスキル」が欲しいことなど、性格がよく出た回答連発で会場を盛り上げていた。
ラストは井口がオープニングテーマ「Hey World」を初披露して、ステージは終了した。

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」
公式サイト:http://danmachi.com/

取材・文=千葉研一

[/WebNewtypeより転載記事]
《WebNewtype/webnewtype.com》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集