東京アニメアワードフェス記者会見 「カナダフォーカス」特集を発表 | アニメ!アニメ!

東京アニメアワードフェス記者会見 「カナダフォーカス」特集を発表

3月19日から開催される「東京アニメアワードフェスティバル2015」のプレスカンファレンスがカナダ大使館で行われた。会見には山村浩二監督やコ・ホードマン監督らが登壇した。

イベント・レポート
東京アニメアワードフェス記者会見 「カナダフォーカス」特集を発表
  • 東京アニメアワードフェス記者会見 「カナダフォーカス」特集を発表
  • 東京アニメアワードフェス記者会見 「カナダフォーカス」特集を発表
  • 東京アニメアワードフェス記者会見 「カナダフォーカス」特集を発表
  • 東京アニメアワードフェス記者会見 「カナダフォーカス」特集を発表
  • 東京アニメアワードフェス記者会見 「カナダフォーカス」特集を発表
  • 東京アニメアワードフェス記者会見 「カナダフォーカス」特集を発表
2015年3月19日から東京・日本橋で東京アニメアワードフェスティバル2015 (TAAF2015)が開催される。TAAFは世界各国のアニメーションを集めた国際映画祭だ。
開催に先駆けて3月5日に、東京・青山にあるカナダ大使館でプレスカンファレンスが行われた。会場にカナダ大使館が選ばれたのは、映画祭が期間中に「カナダフォーカス」と題した特集を組むためである。

会見では、まずカナダ大使館の参事官・ローリー・ピーターズさんが登壇し挨拶をした。カナダは世界的にもアニメーション制作の盛んな国として知られるが、そうしたカナダの映像文化について話した。カナダはこれまで世界50ヵ国以上と映像の共同制作を行っているという。
次にTAAF2015からは実行委員長の内田健二さんが登壇した。日本とカナダのアニメーション分野での協力は少なくないが、そうした良好な関係に感謝を述べた。また自身も40年前にカナダの映像を見て学んだことを話し「多くの人にカナダの作品を見てもらえることは嬉しい」とコメントした。

またTAAF2015のディレクターである江口美都さん、山村浩二監督がTAAF2015について話した。江口さんはまず開催地となった日本橋に言及。「“浮世絵”という大衆文化の生まれた場所であること、そういった場から世界に発信することが美しいストーリーのようだ」と話した。
そして日本で海外のアニメーション作品を見る機会があまりないことや、日本がいろいろな背景から共同制作が難しい国であることなどを述べ、国際映画祭の意義を語った。

そうした環境でカナダのナショナルフィルムボード(NFB)と国際共同製作を実現したのが山村浩二監督だ。山村浩二監督は『頭山』でアカデミー賞ノミネートをはじめ、国際的に活躍し続けている。映画祭で行われる「カナダフォーカス」ではプログラムのキュレーションも担当した。
山村監督は20代の頃カナダ大使館でコ・ホードマン監督の『砂の城』を借りに来たことがあり、作品に大きな刺激を受けたことなどを語り、今回のプログラムに触れた。「パーフェクトなエネルギーのセレクションではない」と話し、まだ選び足りない作品があったことを話した。自身の作品も入っていることに関しては「自分の意思じゃない」と苦笑した。

最後の登壇者はそのコ・ホードマン監督。『砂の城』でNFB初のアカデミー賞受賞を成し遂げている。日本でもアニメーション作家によく知られるNFBについて、「クリエイターに自由を与えてくれるので、作りたいものが作れた」と話す。現在では予算の関係で冒険はできなくなったが、戦争やPTSDなどを扱った社会性の強い作品を作り続けていると語った。

海外のアニメーションを日本で観る機会は、大作を除くと必ずしも多くない。しかし、映画祭では最高画質で見る事ことができるという。TAAFは2回目の開催となるが、前回に引き続き貴重な機会になりそうだ。

東京アニメアワードフェスティバル 2015
http://animefestival.jp/ja/

開催日程: 2015年3月19日(木)~23日(月)
会場: TOHOシネマズ 日本橋
主催: 東京アニメアワードフェスティバル実行委員会/一般社団法人 日本動画協会
共催: 東京都
《タカロク》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集