メカデザイナーズサミットVol.3開催 大河原邦男、河森正治、氷川竜介が座談会 | アニメ!アニメ!

メカデザイナーズサミットVol.3開催 大河原邦男、河森正治、氷川竜介が座談会

大河原邦男さんがホストになる「MECHANICAL CITY INAGI PRESENTS メカデザイナーズサミットVol.3」が3月14日に稲城市立iプラザで開催される。河森正治さん、氷川竜介さんがゲスト参加する。

ニュース
「MECHANICAL CITY INAGI PRESENTS メカデザイナーズサミットVol.3」が3月14日に稲城市立iプラザで開催される。2013年、14年に好評を博したイベントの第3回となる。“メカデザイン”にフォーカスしたユニークな企画だ。
当日はメカニカルデザイナーの大河原邦男さんがホストを務め、デザインやものづくりクリエイションをテーマに探求する。二足歩行ロボットをバトルさせる「大河原杯メカバトルトーナメント」やゲストを招いたトーク「メカデザイナーズサミット」を行う。

メカデザイナーズサミットには、大河原邦男さんに加え、ビジョンクリエイタ―の河森正治さんとアニメ・特撮研究家の氷川竜介さんが招かれる。異なる立場で活躍してきた3名がどのような持論を展開するのか。アニメファン、ロボットファンにとって必見の企画となりそうだ。
河森正治さんはテレビアニメ『超時空要塞マクロス』のバルキリーを生み出したデザイナーとして知られている。『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』や『創聖のアクエリオン』『ノブナガ・ザ・フール』など、数多くの作品を送り出してきた。
氷川竜介さんは『20年目のザンボット3』『フィルムとしてのガンダム』の著書で知られ、ロボットアニメに関する研究も多い。現在は明治大学 大学院客員教授としても教鞭を振っている。

「大河原杯メカバトルトーナメント」は、二足歩行ロボットの格闘競技大会だ。参加者が手づくりの二足歩行ロボットを対決させるが、出場できるロボットは大河原さんがデザインを手がけたメカを摸した機体とこれにチャレンジしたいメカに限定している。
さらに稲城市商工会工業部会製品の展示などもある。アニメファンは勿論だが、地域振興イベントとして誰でも楽しめるに違いない。
[高橋克則]

「MECHANICAL CITY INAGI PRESENTS メカデザイナーズサミットVol.3」
http://www.city.inagi.tokyo.jp/kanko/kanko_tokusyoku/kankou/MDS.html

日時: 2015年3月14日(土曜日) 11時から16時30分
会場: 稲城市立iプラザ ホール及びギャラリー・ホワイエ
定員: 370名(うち車いす席7席)
入場料: 無料
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集