~艦これアーケード鎮守府に着任してみた~ 話題の筐体JAEPO2015で大公開  | アニメ!アニメ!

~艦これアーケード鎮守府に着任してみた~ 話題の筐体JAEPO2015で大公開 

ジャパンアミューズメントエキスポ2015で話題の「艦これアーケード」が登場した。一足先にプレイした、アニメ!アニメ!編集部がその魅力をレポートする。

イベント・レポート
『艦隊これくしょん-艦これ-』のアーケードゲーム「艦これアーケード」が、2月13日、14日に幕張メッセで開催されている「ジャパンアミューズメントエキスポ2015(JAEPO2015)」に登場した。「艦これアーケード」はセガが開発し、ソーシャルゲームやアニメの人気の高さもあってファンの間で大きく話題となっている。
しかし、今回JAEPO2015での先行体験会は応募受付がすでに終了。体験することのできる人は抽選に当たった提督のみとなっている。その貴重な体験の機会を得たアニメ!アニメ!編集部は幕張メッセに赴き「艦これアーケード」鎮守府に着任してきた。

JAEPO2015の会場では2月13日午前中に本作のステージイベントが開催され、プロモーション映像も公開された。「艦これアーケード」のメインキャラクターは戦艦の伊勢と日向の二人だが、ステージには二人の声を演じる大坪由佳さんが登場し、『艦これ』の魅力を語った。

そして、「艦これアーケード」スタートである。ゲームはブラウザゲームの「艦これ」の要素を残しつつ、アーケードならではの魅力が詰まったものとしている。特にデザインでは、ボタンや舵輪、レバーなどが付き、見た目もまさに「艦これ」を実現している。
遊ぶにはまず“aimeカード”をかざして名前を登録するところから始まる。登録すれば自分も提督の一員だ。秘書官はゲームと同じ5人の艦娘から選ぶことができる。
これが終了すると取り出し口からカードが出てくる。それを艦娘というボックスに入れ、読み込む。

筆者は、小さいにもかかわらず母性を感じるとファンから人気の高い“電”を選択した。カードが多ければ6人で出撃できるが、今回は“電”1人となる。早速艦隊に登録し、出撃をした。

ステージはひたすら海が広がっている。画面にはアニメでも大きく話題となったスケートのように海を駆け抜ける艦娘の姿を美しいCGで見ることができる。マップを見ながら舵輪を操作して、自分の行きたい所に行くことになる。
画面上で赤くなっているところには敵である深海凄艦がいる。そこに向かうと早速イ級が登場する。発令ボタンで攻撃をしかけることができるが、下に表示されているメーターが攻撃力に関わってくる。しかし相手に先に攻撃をしかけられるとこちらが危ない。かなりのせめぎ合いだ。
最初は慣れておらず、筆者は、悲しいことに早々と“電”を中波させてしまった…。

撤退をすると、鎮守府に新しい艦娘がやってくる。この艦娘は受け取ることも受け取らないことも可能だが、艦娘を受け取る選択をすると、鎮守府の廊下を歩いている映像が流れる。艦娘たちが廊下に歩いているのだが、自分の方を見て敬礼をしたり挨拶をしてくれる。
艦娘はランダム仕様なので、誰が出てくるかは分からない。提督の気持ちになり嬉しい経験が出来る。

新たに登場した艦娘はアニメでも出番の多い“北上”だ。その後も戦いを繰り返し、なんとか一回倒すことができた。2回目で惜しくも中破に…鎮守府に戻り、また新たな艦娘“那珂”を手に入れた。

こうして夢のような体験時間は終わり、最後にテスト用のカードをもらうことができた。アーケードならではの面白さも満載、さらに可愛い艦娘たちの動いてしゃべる姿に、提督として何もいうことはないほど満足だ。
「艦これアーケード」は夏に稼働が始まるということで、今後もいろいろな情報が出てきそうだ。現在放送中のテレビアニメでも毎回放送されるたびに、ネットなどでは大きな話題となっている。そんな『艦これ』だけに、この新たな「艦これアーケード」にも大きく期待したい。提督にとって熱い夏になりそうだ。

「艦これアーケード」
http://kancolle-a.sega.jp/
《タカロク》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集