「進撃の巨人×リアル脱出ゲーム」米国3都市で開催 NY、LA、SF | アニメ!アニメ!

「進撃の巨人×リアル脱出ゲーム」米国3都市で開催 NY、LA、SF

ニュース

2014年に全国各地の大型会場で開催され、大人気を博した「進撃の巨人×リアル脱出ゲーム『ある城塞都市からの脱出』」が米国進出する。ニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランスコと米国を代表する3都市でこの2月から4月にかけて「Escape from the Walled City US Tour」が順次開催される。
すでに2月1日のサンフランシスコ・AT&Tパーク、3月21日のロサンゼルス・ウェインガートスタジアムの開催日時と場所が発表されている。日本と同様の屋外型の大型会場を使用している。ニューヨークについては2015年4月とだけしており、詳細は今後の発表になる。

リアル脱出ゲームは、フリーペーパーの発行やイベント・広告・音楽の企画・制作会社のSCRAPが開発した。2007年のスタート以来、高い人気を誇っている体感型ゲームイベントである。参加者数人とチームを組みながら、脱出ゲームにライブで挑戦するのがコンセプトだ。ゲーム中に出題される謎の難解さで知られており、それも人気の秘密だ。
また人気映画やアニメなどのコラボレーションも活発だ。これまで「名探偵コナン」「BIOHAZARD」などがある。作品の世界観をゲームに取り入れる。
なかでも「進撃の巨人×リアル脱出ゲーム」は、特に大型のイベントとなった。大型スタジアムを中心に多くの参加者が集まった。今回はこのイベントを米国に輸出する。現地ではSCRAPの米国子会社SCRAP Entertainment Incが運営をする。

米国でのリアル脱出ゲームの開催は今回が初めてでない。2012年にSCRAPがサンフランシスコで最初のイベントを実施、これが好評を博したことから数々の企画が続々行われた。サンフランシスコのJ-POPサミットで行われた『新世紀エヴァンゲリオン』、2014年にはボルチモアのOTAKONにてKickstaterで支援を呼びかけた『UNDER THE DOG』という変わり種もある。

『進撃の巨人』のリアル脱出ゲームは、日本と同様、格別に大きな企画になっている。『進撃の巨人』は2013年より米国のアニメ・マンガファンに一大ブームを巻き起こした。こうした人気も集客につながると考えたとみられる。
参加にあたってはコスプレも大歓迎として、イベント当日は多くのアニメファンが参加しそうだ。一方で、作品を知らなくてもゲームは楽しめると幅広いファンに参加を呼びかけている。
ゲーム参加の料金は一人30ドルから35ドル、日本とほぼ同水準だ。パズルの難解さも日本と同水準とみられ、脱出できない人も続出しそうだ。「進撃の巨人×リアル脱出ゲーム『ある城塞都市からの脱出』」が、米国でどのように受け取られるか関心を集めそうだ。

Escape from the Walled City US Tour
/http://realescapegame.com/sp/

「進撃の巨人×リアル脱出ゲーム『ある城塞都市からの脱出』」
(c) 諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
*画像は日本のイベントのものです。
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • この絶望から逃げ切れ──進撃の巨人×リアル脱出ゲーム開催決定 画像 この絶望から逃げ切れ──進撃の巨人×リアル脱出ゲーム開催決定
  • 「進撃の巨人」が横浜スタジアムにやってきた リアル脱出ゲームを開催 画像 「進撃の巨人」が横浜スタジアムにやってきた リアル脱出ゲームを開催
  • 「暗殺教室」がリアル脱出ゲームに 2015年2月より全国展開 画像 「暗殺教室」がリアル脱出ゲームに 2015年2月より全国展開

特集