連載第97回 超歌劇「幕末Rock」キャスト全員パワー”超”全開、見所はもちろん、雷舞 | アニメ!アニメ!

連載第97回 超歌劇「幕末Rock」キャスト全員パワー”超”全開、見所はもちろん、雷舞

■ 『幕末Rock』は歌で戦う幕末革命アドベンチャー舞台版キャストも歌唱力は声優陣にひけをとらない■ 熱いパッションで演じ、演奏する、超歌劇な幕末の世界が弾ける![取材・構成: 高浩美]

連載・コラム
(C)2014 Marvelous Inc./超歌劇『幕末Rock』製作委員会
  • (C)2014 Marvelous Inc./超歌劇『幕末Rock』製作委員会
  • (C)2014 Marvelous Inc./超歌劇『幕末Rock』製作委員会
  • (C)2014 Marvelous Inc./超歌劇『幕末Rock』製作委員会
  • (C)2014 Marvelous Inc./超歌劇『幕末Rock』製作委員会
  • (C)2014 Marvelous Inc./超歌劇『幕末Rock』製作委員会
  • (C)2014 Marvelous Inc./超歌劇『幕末Rock』製作委員会
超歌劇(ウルトラミュージカル)『幕末Rock』(ばくまつロック)
キャスト全員パワー”超”全開、見所はもちろん、雷舞(ライブ)!

高浩美の
アニメ×ステージ&ミュージカル談義
[取材・構成: 高浩美]

■ 『幕末Rock』は歌で戦う幕末革命アドベンチャー
舞台版キャストも歌唱力は声優陣にひけをとらない

2014年2月27日にマーベラスからPlayStation Portable用ゲームソフト『幕末Rock』(ばくまつロック)。ゲームはさらに2作目『幕末Rock超魂』(ばくまつロック ウルトラソウル)が9月25日に発売、7月にはTVアニメ『幕末Rock』もオンエアー。
アニメ制作はスタジオディーンが担当、監督はアニメ『戦国BASARA』の川崎逸朗、シリーズ構成に広田光毅、キャラクターデザインは石井明治、美術監督は西倉力が起用された。キャストはゲーム版を引き継ぎ、坂本龍馬が谷山紀章、高杉晋作が鈴木達央、桂小五郎が森久保祥太郎、土方歳三が森川智之、沖田総司が小野賢章と歌手活動もしている豪華な面々。しかも小野賢章以外はロックバンドでの活動もしているので、その歌唱力の高さはファン納得。

『幕末Rock』は歌で戦う幕末革命アドベンチャーだけあって、とにかくはちゃめちゃな設定。架空の幕末の世、まさに天歌泰平(ソング・オブ・ピースフル)。徳川幕府の『天歌(ヘブンズ・ソング)』により、泰平の世から民心が奪われた。『天歌』を歌うのは、最高愛獲(トップ・アイドル)新選組。その歌声は、町娘の心(ハート)を射貫き、『雷舞(ライブ)』は世界を震撼させていた。『天歌』以外を歌う者を捕らえ、 愛獲の力『天歌』での泰平化により支配を完璧な物としようとしていた幕府。
一方で、その支配を快く思わない者たちもおり、自由とロックを愛する男、坂本龍馬もその一人。 龍馬はギター1本とロック魂を胸に仲間たちと共に立ち上がる。時代の流れを変える『志士(ロッカー)』の声技(セイギ)が、民の心を奪う者「新選組」とぶつかり合う。果たしてそのパッションは、民魂(ソウル)を解放させることが出来るのか、といったストーリーだ。

今回の超歌劇(ウルトラミュージカル)『幕末Rock』もキャストは主にミュージカルを中心に活躍している俳優陣で固めている。坂本龍馬役の良知真次は劇団四季で数々のミュージカルに出演、退団後もミュージカルを中心に活躍。それ以外では2011年3月に『AUTRIBE』を結成、2013年4月にはメジャーデビューも果たし、TVアニメ『弱虫ペダル』2クール目のエンディングテーマソング『I'm Ready』を歌っている。
高杉晋作役の太田基裕は『弱虫ペダル』や『黒執事』等の2.5次元舞台に出演しているが、音楽活動にも積極的でロックバンドType-Aのヴォーカル・ギターを担当。またNHKのバラエティドラマ『祝女』では本物の韓国人タレントと共に架空ユニット『無限男子』のメンバーを演じたり、映画『ウタヒメ 彼女たちのスモーク・オン・ザ・ウォーター』劇中で自身が作詞・作曲した『キミにDive』を披露。まさにぴったりの役どころだ。桂小五郎役は『テニスの王子様』2ndシーズンの不二周助役が記憶に新しい矢田悠祐。対する新選組の土方蔵三役に輝馬、ミュージカル『テニスの王子様』の乾貞治役を始め、主にミュージカルで活躍、沖田総司役に佐々木喜英、舞台を中心に活躍、ミュージカル『テニスの王子様』や『タンブリング』等、多くの作品に出演している。その他、井伊直弼役は舞台『戦国BASARA』等で活躍の小谷嘉一、徳川慶喜役に数々のミュージカルで活躍のKimeru、近藤勇は友常勇気、ミュージカル『テニスの王子様」やLIVE ACT『BLAZBLUE』等舞台を中心に活動している。脚本・演出はゲームの舞台化に手腕を発揮する吉谷光太郎。ゲーム・アニメに負けない布陣、これは期待しない訳にいかないだろう。

超歌劇『幕末Rock』
(C)2014 Marvelous Inc./超歌劇『幕末Rock』製作委員会
《高浩美》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集