「ホビット 決戦のゆくえ」、入場者特典は横断キャンペーン4枚目の限定カード”トーリン” | アニメ!アニメ!

「ホビット 決戦のゆくえ」、入場者特典は横断キャンペーン4枚目の限定カード”トーリン”

ニュース

(C) 2014 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
  • (C) 2014 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
  • (C) 2014 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
2012年から始まった映画「ホビット」シリーズは全3部作で構成、12月13日に公開となる『ホビット 決戦のゆくえ』で完結となる。本作の公開にあたり、入場者特典が配布されることになった。
プレゼントは、トーリン限定カードだ。カードになったトーリン・オーケンシールド、はホビット3部作において、主人公・ビルボらと旅をするドワーフの指導者。王の末裔というキャラクターだ。
演じているリチャード・アーミティッジは「最後には感動的な結末が待っている。日本の皆さんにも魅力的に感じてもらえると思うよ」とコメントし、もし来日が実現したら「絶対に長野に行ってスキーをして、日本猿をみてみたいね(笑)」と話す。

「ホビット」シリーズは、本作と同じ世界観を持つ『ロード・オブ・ザ・リング』の監督ピーター・ジャクソンが再び手がけるファンタジーの超大作である。
物語は『ロード・オブ・ザ・リング』の前日譚にあたる。『ロード・オブ・ザ・リング』で大きな役割を果たすひとつの指輪がいかに発見されるかが描かれている。原作はJ・R・R・トールキンの『ホビットの冒険』である。

今回入場者特典となっているトーリンのカードは世界で日本だけが制作を認められた特別仕様のものとなっている。これは“ホビット<3部作>横断キャンペーン”の一環でもある。
キャンペーンは様々なシチュエーションでカードを配布し、5種類あるカードを全て集めるとカードを収納できる“中つ国カードボード”がもらえるというものだ。キャンペーンの5種類の内の4種類目が今回の入場者特典になり、15万名限定で配布する。
前作の『ホビット 竜に奪われた王国』では、ガンダルフのカードがすでに入場者特典として配布されている。この他のゴラム、キーリのカードはいずれもブルーレイ、DVDに封入されている。最後の5種類目の情報は明かされておらず、今後気になるところだ。

ビルボの最期の冒険である『ホビット 最期のゆくえ』は12月13日(土)公開だ。ここまで追いかけ続けたファンならこの壮大な物語の終わりを寂しく思うかもしれない。しかし、その最後は劇場で見届けたい。

『ホビット 決戦のゆくえ』
http://www.hobbitmovie.jp

『ホビット 決戦のゆくえ』
(C) 2014 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集