映画公開前日に全編ニコ生放送 映画「TATSUMI マンガに革命を起こした男」で驚きの企画 | アニメ!アニメ!

映画公開前日に全編ニコ生放送 映画「TATSUMI マンガに革命を起こした男」で驚きの企画

11月15日から映画『TATSUMI マンガに革命を起こした男』が、角川シネマ新宿ほかで全国順次公開となる。話題作をさらに盛り上げるサプライズな企画が実施される。

ニュース
11月15日から映画『TATSUMI マンガに革命を起こした男』が、角川シネマ新宿ほかで全国順次公開となる。本作は劇画の誕生に大きな役割を果たした辰巳ヨシヒロの半生を、シンガポールの巨匠エリック・クーが長編アニメーションとした話題作だ。
そんな話題作をさらに盛り上げるサプライズな企画が実施されることになった。映画公開の前日になる11月14日に映画全編96分がニコニコ生放送で配信される。前売りは税込1500円、当日は1800円、価格は映画料金に準拠したかたちだ。

ネットを利用した映画配信は、近年、ますます拡大している。公開日と同日に配信を開始する例も現れている。それでも公開日に先行しての試みは異例だろう。洋画では初の試みだ。
『TATSUMI マンガに革命を起こした男』は、辰巳ヨシヒロの半生を追う一方で作中にその代表作を短編アニメーションにオムニバスとして織り込む斬新な演出に挑んでいる。国内外で高く評価された作品だ。映画は順次公開でもあり、少しでも早くみたいとニーズに応えるかたちとなる。
さらに今回の配信は、レイティング審査を受けた劇場版とは異なるノーカット版となる。劇場とは違うみどころもあるだけに注目だ。

本作のモデルとなった辰巳ヨシヒロは、戦後間もなくからマンガ家として活動、“劇画”を生み出したことで知られる。映画のベースになった代表作『劇画漂流』は、2009年に手塚治虫文化賞の大賞受賞作である。
しかし、その名前は日本よりむしろ海外で名高い。手塚治虫と並び称されることもしばしばだ。エリック・クーによる映画化もそうした背景がある。
斬新なマンガ家とその作品、それを映画とする名監督、そしてかつてないネットでの試みと共に、『TATSUMI マンガに革命を起こした男』は2014年11月15日に公開となる。

映画『TATSUMI マンガに革命を起こした男』
11月15日(土)より角川シネマ新宿 他全国順次公開
http://tatsumi-movie.jp/

ニコニコ生放送独占 ノーカット版有料先行配信概要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv198267915
日時: 11月14日(金)22:00本編放送(96分間)
金額: 
前売り1,500円(税込) ※11月13日(木)23:59まで購入可能
当日1,800円(税込)

映画『TATSUMI マンガに革命を起こした男』
(c)ZHAO WEI FILMS
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集