第15回広島国際アニメーションフェス閉幕 大賞受賞は学生作品 | アニメ!アニメ!

第15回広島国際アニメーションフェス閉幕 大賞受賞は学生作品

8月25日、第15回広島国際アニメーションフェスティバルの授賞式が開催された。グランプリを受賞したのは学生作品である。

ニュース
注目記事
第15回広島国際アニメーションフェスティバル授賞式
  • 第15回広島国際アニメーションフェスティバル授賞式
  • 第15回広島国際アニメーションフェスティバル閉会式
  • 『ザ・ビガー・ピクチャー』
  • 第15回広島国際アニメーションフェスティバル
8月21日から25日まで開催された第15回広島国際アニメーションフェスティバルが、5日間の日程を終え閉幕した。最終日の8月25日にはフェスティバルの授賞式が開催され、各受賞作品が発表された。また授賞式の開始前には、8月20日に起きた水害の犠牲者のために1分間の黙祷が行われた。

グランプリを受賞したのは、英国のデイジー・ジェイコブズさんの『ザ・ビガー・ピクチャー』である。本作は学生作品で、学生作品のグランプリ受賞は、映画祭史上3作目となった。
これについて審査委員長のヨシュコ・マルシッチさんは、今回の印象として学生作品がとても多いことを挙げた。そして、『ザ・ビガー・ピクチャー』についてはストーリー、デザイン、アニメーションと基本構造を成す要素を相互補完していると評価した。
一方で、大人が現実逃避としてアニメーションを利用していることを嘆いていた。それでも、今回上映された作品には「問い」や「答え」などコミュニケーションが出来ているものが見られたと語った。

また閉会式後の受賞作品の上映前に、カナダのアニメーション作家・フレデリック・バックさんの『クラック!』を特別上映した。これはフレデリック・バックさんが2013年に逝去したことから、それを悼んで企画されたものだ。
バックさんは広島では『大いなる川』と『木を植えた男』で2度グランプリを受賞するなど縁が深い。
[真狩祐志]

広島国際アニメーションフェスティバル
/http://hiroanim.org/

第15回広島国際アニメーションフェスティバル 受賞作品

グランプリ
『ザ・ビガー・ピクチャー』 デイジー・ジェイコブズ

ヒロシマ賞
『シンフォニー No.42』 レーカ・ブチ

広告の後にも続きます
デビュー賞
『ボールス』 シュペラ・カデシュ

木下蓮三賞
『クワイア・ツアー』 エドムンズ・ヤンソンス

観客賞
『ノー・タイム・フォア・トウズ』 カリ・ピエスカ

国際審査員特別賞
『ロンリー・ボーンズ』 ロスト
『マン・オン・ザ・チェア』 ダヒ・チョン
『バス』 トメク・ドゥツキ
『ピック・ピック・ピック』 ドゥミトリィ・ヴィソツキー
『ファントム・リム』 アレックス・グリッグ
『ノン-ユークリディアン・ジオメトリー』 スキルマンタ・ヤカイテ、ソルヴェイガ・マステイカイテ

優秀賞
『フーグ・フォア・セロ、トランペット・アンド・ランドスケープ』 イエルジィ・クチャ
『5メートル80』 ニコラ・ドゥヴォー
『ザ・クロックメイカーズ』 ルノー・アレー
『ジ・ウーンド』 アンナ・ブダノヴァ
『アスティグマティズモ』 ニコライ・トゥロシンスキィ
『ザ・ビースト』 ヴラディミール・マヴォーニア-コウカ
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集