新VOCALOID“ギャラ子”は柴咲コウの声がモデル 8月上旬リリース | アニメ!アニメ!

新VOCALOID“ギャラ子”は柴咲コウの声がモデル 8月上旬リリース

ヤマハのソフトウェア「VOCALOID」シリーズの最新版「VOCALOID3 Library ギャラ子 NEO」が8月上旬にリリースされる。女優・柴咲コウさんの声を元に開発した女性歌声ライブラリだ。

ニュース
ヤマハのソフトウェア「VOCALOID」シリーズの最新版「VOCALOID3 Library ギャラ子 NEO」が8月上旬にリリースされる。今回は女優・柴咲コウさんの声を元に開発した女性歌声ライブラリとなっているのが特徴だ。
人気の女優の声がベースというユニークな商品だ。パッケージ版とダウンロード版があり、パッケージ版は全国楽器店ほかで、ダウンロード版はVOCALOIDのオフィシャルストアVOCALOID STOREにて取り扱う。

「VOCALOID3 Library ギャラ子 NEO」は、さらに声質を2つ用意する。はっきりとした芯のある声が特徴の「ギャラ子RED」と、しっとりとした深みのある声を持つ「ギャラ子BLUE」だ。この両方が歌声ライブラリが同梱されている。ロックからバラードまで幅広い音楽ジャンル・曲調に対応した歌声の制作を楽しむことができる。
「ギャラ子RED」は柴咲コウさんの歌声を忠実に再現した明るく抜けのある声で、エレクトロポップやロックなどアップテンポな曲に適している。一方の「ギャラ子BLUE」はムーディーな声質で、言葉ひとつひとつを滑らかに歌い上げることができる。ポップスやバラードに適している。このほかコーラスとして使用すれば「ギャラ子RED」の声を活かしたハーモニーの作成が可能だ。

また、ナレーションなどの制作に最適なソフトウェア「ギャラ子Talk」も合わせて収録。テキストを入力するだけで好きな文章を読み上げさせることができる。
そのほか、柴咲コウさん本人の声による100種類以上のボイスマテリアルも用意された。ボーカロイド楽曲の制作者・ぺぺろんPが作詞作曲したデモソング「涙は宇宙に降る」など、楽曲制作の参考となるデータも揃っている。

キャラクターデザインには、書籍、CDジャケット、ゲームなどのデザインを手がけるイラストレーター・富岡二郎さんを起用。ギャラ子のキャラ詳細については、製品ページおよび7月18日にオープン予定の特設サイトに記載される。価格はパッケージ版がオープンプライス、ダウンロード版が16000円(税抜)となる。
[高橋克則]



「VOCALOID3 Library ギャラ子 NEO」製品ページ
/http://www.vocaloid.com/lineup/vocaloid3/galaco.html

特設サイト(7月18日オープン予定)
/http://www.vocaloid.com/galaco/

[コメント]
柴咲コウさん
「自分の分身のような『ギャラ子』が、『柴咲コウ」』という枠を超えてもっと幅広い人へ届き、創り上げられ、新たな風を世間に吹かせてくれることを期待しています」
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集