AnimeJapan 2015開催発表、アニメ総合イベント継続 ファミリーエリアや平日ビジネスエリアを新設 | アニメ!アニメ!

AnimeJapan 2015開催発表、アニメ総合イベント継続 ファミリーエリアや平日ビジネスエリアを新設

6月30日、AnimeJapanプレゼンテーションが行われた。この場で、国内最大規模のアニメ総合イベントAnimeJapan2015の開催発表が行われた。

イベント・レポート
AnimeJapan 2015開催発表、アニメ総合イベント継続 ファミリーエリアや平日ビジネスエリアを新設
  • AnimeJapan 2015開催発表、アニメ総合イベント継続 ファミリーエリアや平日ビジネスエリアを新設
  • 実行委員長の内田健二氏
  • AnimeJapan 2015開催発表、アニメ総合イベント継続 ファミリーエリアや平日ビジネスエリアを新設
  • AnimeJapan 2015開催発表、アニメ総合イベント継続 ファミリーエリアや平日ビジネスエリアを新設
  • AnimeJapan 2015開催発表、アニメ総合イベント継続 ファミリーエリアや平日ビジネスエリアを新設
  • AnimeJapan 2015開催発表、アニメ総合イベント継続 ファミリーエリアや平日ビジネスエリアを新設
6月30日、池袋・アニメイトホールにて、AnimeJapanプレゼンテーションが行われた。この場で、国内最大規模のアニメ総合イベントAnimeJapan2015の開催発表が行われた。また、2015年の開催概要も明らかにされた。
AnimeJapan2015は東京ビックサイトを会場に、2015年3月20日から22日までの3日間開催される。このうち20日にはビジネスエリアのみが行われる。

AnimeJapanは国内主要アニメ関連企業、日本動画協会などが参加して、2014年から新たにスタートした。アニメファン向けのステージやブースだけでなく、ビジネスの場やアニメの仕事を紹介する場など多くの機能を持つ総合イベントの役割を持っている。
2014年は初開催ながら2日間で11万1252人を動員するなど大きな成功収めた。2015年はこれを続けて開催する。

気になる2015年の開催内容は、2014年の成功経験を引き継ぎつつ、新たな試みも多数盛り込む。そうした考えは、組織の新たな体制に表れている。実行委員長は前回に引き続き日本動画協会からで、新たに理事長となった内田健二氏を迎える。
一方で、2014年は二人を置いた総合プロデューサーに、新しく4人のプロデューサーを加えることになった。前年の総合プロデューサーであった北上浩司氏(日本動画協会)と高橋祐馬氏(アニプレックス)は、それぞれビジネスエリア、海外エリアのプロデューサーに回る。
総合プロデューサーを、池内謙一郎氏(サンライズ)と廣岡祐次氏が担当する。それにファミリーエリアのプロデューサーとして太田勝也氏(NBCユニバーサル)、エンターテイメントのプロデューサーとして野島鉄平氏(ポニーキャニオン)が支える。

こうした布陣からは、2014年に比較的弱いとされた「ファミリーキッズ向け」、「ビジネスミーティングの場の提供」を強化する方向性が窺われる。ビジネス、海外、ファミリーの各部門に独立した責任者を置くことで、イベントの機能強化を図ることになる。
実際に2014年に評価の高かったファン向けのエンタテイメントの部分では、前回の経験を踏襲する方向性が強く感じられた。一方、他の3分野では新たな企画が積極的に導入される。

ファミリー分野では、2015年は独立した「ファミリーエリア」を設け、子どもたちが安心して楽しめるイベントを目指す。ファミリー専用の入り口を設け、さらに小学生以下の入場料の無料を実施する。プロデューサーの太田勝也氏は、「(前回は)ファミリーが多くいたとの印象が薄い」と話し、幅広い来場者を目指すために意欲的だ。
一方、ビジネス分野でも、東ホールとは別会場のビジネスエリアを新設する。よりビジネスをしやすい環境を作る。こちらの大きな変更点は、ビジネスエリアのオープンを3月20日と21日と総合エリアの3月21日、22日より一日早くしたことだ。平日のビジネスに対する要望に応えるかたちである。高橋祐馬氏は海外向けのプロモーションなども積極的に行い、海外からのビジネス関係者の招致にも力を入れるという。

全体的に前回の成功でとどまるのでなく、より価値があり、機能の優れたイベントを目指しているようだ。それは目標総来場者数の12万人との数字にも表れている。前回の目標10万人より2割多く、実際の来場者数の11万1000人よりもさらに多い。この上積み分に、ファミリー層やビジネス来場者が期待されていると見ていいだろう。
実行委員長の内田氏は、「本当に充実しており、発展する価値のあるイベント」と話す。そして「アニメーション業界が一致団結して世界に向けて発信し、大きく発展させるために頑張っていきます」と強い決意をみせる。収益事業とは性格を異にする業界が団結するイベントの役割の大きさがそこから感じられる。

AnimeJapan2015
/http://www.anime-japan.jp/

会場: 東京ビッグサイト
[総合エリア] 東展示棟 東1~6ホール
[ビジネスエリア] 会議棟1Fレセプションホール
総合エリア会期: 2015年3月21日(土)・22日(日) 会期時間 10時~17時
ビジネスエリア会期: 2015年3月20日(金)・21日(土) 会期時間 10時~17時
主催: AnimeJapan実行委員会
後援: 一般社団法人日本動画協会/コミック出版社の会
目標総来場者数: 12万人
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集