「攻殻機動隊ARISE border:3」初日舞台挨拶レポ そしてborder:4は9月6日公開 | アニメ!アニメ!

「攻殻機動隊ARISE border:3」初日舞台挨拶レポ そしてborder:4は9月6日公開

イベント・レポート

「攻殻機動隊ARISE border:3」初日舞台挨拶レポ そしてborder:4は9月6日公開
  • 「攻殻機動隊ARISE border:3」初日舞台挨拶レポ そしてborder:4は9月6日公開
  • 草薙素子役坂本真綾さん、ホセ役鈴木達央さん
  • 黄瀬和哉監督、シリーズ構成・脚本の冲方丁さん
6月28日、攻殻機動隊ファン待望の『攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears』の2週間限定上映がスタートした。人気シリーズの最新作であることに加えて、本作では主人公・草薙素子の恋が描かれるとあり、とりわけ注目を集めている。
「『攻殻機動隊』でラブストーリー!」とファンを驚かせたこのテーマのアイディアが、いかに誕生し、役者に演じられたのか、28日に行われた初日舞台挨拶で明かされた。劇場には草薙素子役の坂本真綾さん、その恋人であるホセ役の鈴木達央さん、黄瀬和哉監督、シリーズ構成・脚本の冲方丁さん、製作総指揮の石川光久さんが登壇、ファンにお礼を述べ、また制作時のエピソードを明かした。また、新宿バルト9ではメディア向けのフォトセッションなども行われ、華やかな初日となった。

本作がラブストーリーになったことについて、黄瀬監督は「ラブストーリーは副産物、生の足を描きたかった」と意外な告白。これに対して冲方さんは足からの発想で“人魚姫の足の痛み”、さらにそこから義体のアイディアに広がっていったこと話した。さらに原作を読み返し、素子の求める男を抽出し、ホセのキャラクターが誕生した。
そして、「義体で恋愛をするとSFでないのにSFになる。新しい発見をした」とも。『border:3』はこれまでと少し軸をずらし、新しい挑戦をしながらも、『攻殻機動隊』の根本は揺らぎがないようだ。

ラブストーリーは声を演じた役者たちにも戸惑いを与えたようだ。坂本真綾さんは、これまでからは想像の出来ない素子だったと振り返る。台本を読み始めたものの一旦は本を置いて、映像があがってからもう一度考えたという。最終的には、「鈴木さんの出方をみよう」とアフレコに挑んだと話す。
その鈴木さんも自身もファンだった『攻殻機動隊』に出ると喜ぶと同時に、思った以上に重い役だったと苦労しながらホセに取り組んだ様子だ。
“草薙素子が寄り添えるキャラクター”を考えてアフレコに挑んだが、音響監督に「ちょっとフェロモンが多いじゃない」と言われたエピソードも。また、義体であるホセは実際の年齢が分からない、実は少年なのかもしれないし、老成しているのかもしれないと役作りの難しさを語ると、冲方さんが深く頷く場面もあった。

舞台挨拶としてはかなりたっぷりな時間であったことに加えて、登壇者たちのトークは話題満載だった。観客はきっと満喫出来たに違いない。
最後には石川さんより、9月6日に公開が決まった『border:4』のエピソードを紹介した。『border:4』は、実は1~3に先立って最初に制作された。それを今回、敢えて4番目に持ってきた。「こういう攻殻が見たかった」というものが全て詰め込んである作品だという。『border:3』に続き、早くも『border:4』にも期待が高まる。

『攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears』
2014年6月28日(土)全国劇場上映【2週間限定】
/http://www.kokaku-a.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集