「攻殻機動隊」大原画展 マンガ原稿からセル画まで、東京・大阪で一挙公開 | アニメ!アニメ!

「攻殻機動隊」大原画展 マンガ原稿からセル画まで、東京・大阪で一挙公開

ニュース

『攻殻機動隊』の25周年を記念した「攻殻機動隊 大原画展」が東京と大阪で開催される。東京では西武池袋本店にて8月8日(金)からスタート、大阪は阪神梅田本店にて8月27日(水)より開始となる。
この原画展は、士郎正宗の原作マンガ誕生から25周年を記念して企画されたものだ。会場ではマンガ原稿に加えアニメの原画やセル画も展示される。

『攻殻機動隊』は原作マンガから派生し、1995年には押井守監督による劇場アニメ『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』が公開された。2002年には神山健治監督によるテレビシリーズ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』がアニメ化されてきた。現在は、最新シリーズ『攻殻機動隊ARISE』が進行中である。
展覧会は「攻殻機動隊」シリーズを網羅するものとなる。

さらに総展示数は300点を超え、会場でしか手に入らないオリジナルグッズも販売される。攻殻ファンにとっては嬉しい内容だ。
現在、特典付きの前売り券がプレイガイドおよび書店にて販売中である。士郎正宗さんデザインをふくむ4種類のオリジナル缶バッジが付属してくる。

「攻殻機動隊 大原画展」 公式サイト
/http://kokaku.gengaten.com

[東京]
会場: 西武池袋本店 別館2階=西武ギャラリー
会期: 2014年8月8日(金)~20日(水)
入場料: 一般:800円(税込み)/大学生・高校生:600円(税込み)
[大阪]
会場: 阪神梅田本店 8階催場
会期: 2014年8月27日(水)~9月8日(月)
入場料: 800円(税込み)/大学生・高校生:600円(税込み)

*特製缶バッジ付き入場券価格:1200円(税込み)
《沖本茂義》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集