メンタリスト・DaiGoが「攻殻機動隊から読み解くメンタリズムセミナー」を公開中 | アニメ!アニメ!

メンタリスト・DaiGoが「攻殻機動隊から読み解くメンタリズムセミナー」を公開中

ニュース

6月28日より『攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears』の劇場上映がスタートする。それを記念し、アニマックス公式サイトでは6月11日からメンタリスト・DaiGoさんによる「攻殻機動隊から読み解くメンタリズムセミナー」を開催中だ。

「攻殻機動隊」シリーズは電脳や擬体化(サイボーグ)などSFをテーマにしながらも、公安9課という組織が深く描かれている作品である。今回はDaiGoさん本人が、シリーズ最新作「攻殻機動隊ARISE」の第1作「border:1 Ghost Pain」の中から「上司の心を掴むメンタリズム」をピックアップ。そのヒントになる名台詞を選び、組織の中で戦いながら悩み続ける企業戦士に向けてアドバイスを送っていく。

またDaiGoさんは「攻殻機動隊」シリーズの大ファンであり、メンタリストとしての活動の原点になったと語っている。95年に公開された劇場版で人の脳に興味を持ち、応用物理の道に進んだとのことだ。特別動画では「攻殻機動隊」シリーズ好きな理由も明かしており、こちらにも注目したい。

「メンタリズムセミナー」では今後も「攻殻機動隊」シリーズの世界観と、現代社会の企業組織で生かせる名セリフを重ね合わせながら、実社会で応用できるヒントを提供する。「やる気を引き出すメンタリズム」、「チームで良いアイデアを出すためのメンタリズム」、「時間をかけずに人間関係を深めるメンタリズム」、「心が折れたときのメンタリズム」など、いずれも社会人として身につけておきたい内容となった。

なおアニマックスでは6月15日と22日の2週に渡って「攻殻機動隊ARISE」シリーズのオンエアも行う。これまでのシリーズを復習して、最新作の上映に備えたい。
[高橋克則]

「DaiGoの『攻殻機動隊』から読み解くメンタリズムセミナー」
/http://www.animax.co.jp/special/kokaku-series/daigo/

『攻殻機動隊ARISE』
/http://kokaku-a.jp/
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集