坂本真綾さんインタビュー前編:劇場版「ペルソナ3」第2章/アイギス役“変化していくアイギスへの思い” | アニメ!アニメ!

坂本真綾さんインタビュー前編:劇場版「ペルソナ3」第2章/アイギス役“変化していくアイギスへの思い”

インタビュー

2013年11月に全国で上映された『PERSONA3 THE MOVIE #1 Spring Of Birth』から約半年、第2章となる『PERSONA3 THE MOVIE #2 Midsummer Knight’s Dream』がいよいよ公開となる。春から幕を開けた物語は夏へ。この第2章ではついに人気キャラクター・アイギスが登場する。
このたびアニメ!アニメ!ではアイギス役の坂本真綾さんにインタビューを敢行した。アイギスへの思いやその魅力などをご本人に語っていただいた。
[取材・構成: 細川洋平]

『PERSONA3 THE MOVIE』
/http://www.P3M.jp

「PERSONA3 THE MOVIE #2 Midsummer Knight’s Dream」
2014年月6月7日(土)より、新宿バルト9・梅田ブルク7 ほかにて 全国ロードショー

■ 理(まこと)という名前が呼び慣れないんです

―アニメ!アニメ!(以下、AA)
劇場作品として制作されることを聞いた時はどんなお気持ちでしたか。

―坂本真綾さん(以下、坂本)
何部作かの劇場作品になると聞いてびっくりしました。ゲーム(*)に初めてアイギスが登場した時からかなりの年月も経っているので、今も人気が続いているんだなと実感しました。続編や別ストーリーではなく、P3のストーリーを改めて映画にするのは、P3のシナリオそのものが魅力的だったからなんだろうなって。
ゲームの収録の時は膨大なセリフ量の台本をひたすら1人で録っていました、大変でしたけど話が面白いからどんどん読めるんです。小説のようにト書きも細かくて、キャラクターの心情の変化も丁寧。今回の映画は、P3のストーリーがすごくしっかり描かれて いた証明になると思います。
*『ペルソナ3』、原作ゲームは『P3』と表記

―AA
ゲームと異なり劇場版では主人公に結城 理(ゆうき・まこと)という名前がつきました。

―坂本
理(まこと)という名前は呼び慣れないですね(笑)。はじめ台本にはふりがながないので全然違う名前で読んでいて、現場に来て初めて「まこと」と読むことを知りました(笑)。
理役の石田さんとはドラマCDからご一緒していたので雰囲気は分かっていましたけど、絵が動くとより新鮮な感じがしました。

―AA
今回シナリオを読んでいく中で新しい発見はありましたか?

―坂本
アイギスと理の出会いのシーンがより印象的なシーンになっており「あ、こんな素敵な出会い方してたんだ」と新鮮でした。

fd

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集