「デジモンテイマーズ」放送から約15年、キャラデザ・中鶴勝祥が明かすデザインのこだわり | アニメ!アニメ!

「デジモンテイマーズ」放送から約15年、キャラデザ・中鶴勝祥が明かすデザインのこだわり

デジモンシリーズ3作目『デジモンテイマーズ』よりキャラクターデザインを担当した中鶴勝祥氏にインタビューを敢行。当時を振り返っての思い出やBlu-ray BOXで描き下ろしたイラストについて訊いた。

インタビュー
少年・タカトがデジモンのギルモンや仲間たちとの繋がりを通して成長していくデジモンシリーズ3作目『デジモンテイマーズ』。
2001年に放映されてから17年経った今でも、熱烈なファンに支持されている『デジモンテイマーズ』の全51話を収録したBlu-ray BOXが4月3日に発売を迎えた。

先日、関弘美プロデューサーらメインスタッフ4人による座談会記事を公開したが、今回はキャラクターデザインを担当した中鶴勝祥氏にインタビューを敢行。当時を振り返っての思い出やBlu-ray BOXで描き下ろしたイラストについて訊いた。

■タカトやギルモンらをデザインするうえで意識したことは?

───まず放送当時の思い出やエピソードなど教えていただけますでしょうか?

中鶴
当時は、ひたすらキャラクターを作る事に追われてた記憶があります(笑)。
「画力」より「ネタ(アイデア)」勝負のデザインなので、ネタが底をついて大変でした。

───『デジモンテイマーズ』のデザインをする際に意識されたことはどんなところでしょうか。

中鶴
『デジモン』シリーズの最初から共通している、デフォルメ(誇張)した頭身のフォーマットでデザインしています。手足が大きいデジモンのデザインに合わせて、人間キャラも手足を大きくする体型にデザインしました。
ただそれだと、背景や小道具も考慮しないと、画面がアップになった時に(絵柄が)簡単に破綻してしまうんですね。

今にして思えば無茶でしたが、機会があればもう一度試したい気持ちはあります。

(C)本郷あきよし・東映アニメーション
主人公・タカトとそのパートナーであるギルモン


──デジモンのデザインを考慮したうえで、人間キャラクターをデザインされていたということでしょうか?

中鶴
パートナーデジモンと並べた時の対比とか、カラーリングでは配色を考慮しました。でも、それ以外は特に意識しないで描いていました

――関弘美プロデューサーやシリーズ構成の小中千昭さんとどのようなやりとりをしてデザインされたのでしょうか。

中鶴
私はシナリオを読ませていただき、ラフスケッチを描いてから打ち合わせをしたのですが、関プロデューサーはそれを見て、方向を示してくれました。
脚本の小中先生は、来上がったデザインを更にシナリオで膨らませたりしてくださる……そんな感じだったと記憶しています。

シリーズディレクターの貝澤幸男さんは絵が描けて、アイデア力も兼ね備えてる方なのですが、キャラクターデザインに関して、私は自由にやらせてもらえていたのかもしれません。

――タカト、ジェン、ルキのメインキャラクター3人について、それぞれどのようにデザインされていったのか教えてください。

(C)本郷あきよし・東映アニメーション
タカト&ジェン


(C)本郷あきよし・東映アニメーション
ルキ


中鶴
タカトは主人公として、共通アイテムのゴーグルは装備しつつ、前2作と区別できるよう意識しています。ジェンは眼や眉の感じで、理知的とか冷静な性格が出るように。ルキはヘアスタイルのシルエットから決めていきました。


──『テイマーズ』のキャラクターの中で思い入れのあるキャラクターを教えて下さい。

中鶴
人間キャラではルキ、デジモンではテリアモンでしょうか。テリアモンはパートナーとの絡みなど、楽しく描いてました。それくらい魅力があるキャラだと思います。

(C)本郷あきよし・東映アニメーション
テリアモン

《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集