TVアニメ「ブラック・ブレット」SPイベント初夏の祭典:笑いと熱狂につつまれた秋葉原UDX | アニメ!アニメ!

TVアニメ「ブラック・ブレット」SPイベント初夏の祭典:笑いと熱狂につつまれた秋葉原UDX

イベント・レポート

5月25日(日)、秋葉原UDX・2Fアキバ・スクエアにて「TVアニメ『ブラック・ブレット』スペシャルイベント初夏の祭典」が開催された。
イベントに出演したのは日高里菜さん(藍原延珠役)、黒沢ともよさん(ティナ・スプラウト役)、そして主題歌を担当しているfripSide、劇中劇「天誅ガールズ」から生まれたアイドルユニット・天誅ガールズだ。そしてオープニングには、急遽出演が決まったというよしもとクリエイティブ・エージェンシー吉本興業のピン芸人、バイク川崎バイクさんが登場し、ハッシュタグ「#tv_BKB」をTwitterで使用している『ブラック・ブレット』アカウントと、自身のネタ「BKB」を絡めたトークなどを展開、会場を沸かせた。

本編はWebラジオ「ブラック・ブレット~延珠&ティナの天誅ラジオ~」公開録音からスタートした。番組のパーソナリティを務めている日高さんと黒沢さんはおそろいのセパレート・ワンピースを身にまといステージに登場した。本番組での公開録音は2度目ながらも、初めて行われたAnimeJapan 2014での回は会場限定の幻の回になっているもよう。今回は6月3日に配信されるとのことで忘れずにチェックしてほしい。
行われた番組内のコーナーは2つ、ゲストにfripSideの2人と天誅ガールズをそれぞれ迎え進行していくと、観客の爆笑で会場が包まれた。またこの日が初お披露目となる『天誅ガールズ』は現役アイドル&現役声優によるアイドルユニット。結成したばかりということもあり、キメのポーズを考えて欲しいというオーダーが天誅レッド・深沢紗希さんから出されると、日高さんは番組内で考案した『おこ(怒る)のポーズ』を伝授。晴れて天誅ガールズの決めポーズが完成した。
6月10日からは番組内に天誅ガールズのミニコーナーがスタートするとのことなので、こちらも逃さず聞きたいところだ。

盛りだくさんな内容となった公開録音が終わり、ライブへと移行する際、機材トラブルによりステージ上の全てのマイクが回収され、代わりに日高さんと黒沢さんに手渡されたのは拡声器。同じく拡声器を手にバイク川崎バイクさんが急遽サポートに現れた。
声の届かない遠くの観客を気遣う日高さんと黒沢さん、そしてトラブルや観客の歓声、煽りといったものをネタにいじっていく、バイク川崎バイクさん、3人の機転によってトラブルも笑いに変えられていった。

程なくしてトラブルは解消し、ライブのコーナーへ。まずは天誅ガールズがライブ初披露となる劇中歌『ミライ*ガール』をパフォーマンス。みずみずしく躍動する7人に観客もコールやサイリュームで応え、会場の熱気は一気に駆け上がっていった。続いて登場したfripSide。貫禄のパフォーマンスで主題歌『black bullet』を披露する2人、そこに会場の熱狂、照明効果も加わり、まるでワンマンライブの光景を目にしているようだった。

最後はステージに集合した出演者、詰めかけた観客全員でバイク川崎バイクさんの決めゼリフ「ヒィ~ア!」を唱和し、約2時間に及ぶスペシャルイベントを締めくくった。
[細川洋平]

テレビアニメ『ブラック・ブレット』
TOKYO MX、AT-Xtvkほか 放送中
/http://www.black-bullet.net/

[スタッフ]
原作: 神前紫電(電撃文庫刊)
原作イラスト: 鵜飼沙樹
監督: 小島正幸
副監督: 博史池畠
シリーズ構成: 浦畑達彦
キャラクターデザイン・総作画監督: 海島千本
音楽: 鷺巣詩郎
アニメーション制作:キ ネマシトラス×オレンジ
音響監督: 山田陽
OP:fripSide「black bullet」  ED:やなぎなぎ「トコハナ」


「ブラック・ブレット1」
2014年7月2日(水)発売
Blu-ray 初回限定版  価格:7,000円(税抜)
DVD] 初回限定版  価格:6,000円(税抜)


オープンングテーマ
fripSide 「black bullet」
発売中


エンディングテーマ
やなぎなぎ 「トコハナ」
2014年6月4日発売


劇中歌
天誅ガールズ 「ミライ*ガール」
2014年7月2日発売
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集