「X-MEN:フューチャー&パスト」 阪神タイガースとコラボレーション | アニメ!アニメ!

「X-MEN:フューチャー&パスト」 阪神タイガースとコラボレーション

ニュース

(c) 2014 Twentieth Century Fox
  • (c) 2014 Twentieth Century Fox
5月30日に全国公開を迎える「X-MEN」シリーズ最新作『X-MEN:フューチャー&パスト』が、プロ野球チーム・阪神タイガースとコラボレーションする。タイガースの若手選手が映画のポスターを再現、これが試合告知ビジュアルになった。
X-MENとタイガース、人気チーム同士の異色のコラボレーションだ。しかし、双方とも格好いい戦いが持ち味だけに、まさにぴったりだ。

今回のコラボは、5月31日と6月1日に甲子園で開催されるファーム交流試合・阪神×巨人戦をPRする企画だ。
まず5月19日から25日にかけて、大阪駅前の地下街西通路コリドーに映画ポスターと試合告知ビジュアルを掲出する。5月21日からは一週間限定で阪神電車の一編成をジャックする特別列車を運行する。

このタイアップは映画最新作とファーム交流試合の持つ共通点がきっかけとなった。『X-MEN:フューチャー&パスト』では「X-MEN」シリーズの登場人物が総出演し、未来と過去で同時に迫る史上最強の敵・センチネルとの戦いが描かれている。
その「未来を守る」バトルが、球界の「未来を担う」若手選手たちの頂上決戦として重なるとのことだ。また劇中の敵・センチネルが"巨人"型のロボットでもあることから、阪神タイガースとのコラボが実現した。

試合告知ビジュアルには、若手選手10名と平田勝男監督が登場する。細部にまでこだわりぬいた本格的な撮影が敢行された。
平田監督はX-MENたちを指揮するプロフェッサーX、伊藤隼太選手はヒュー・ジャックマン演じるウルヴァリン、森田一成選手が物語のキーとなるミスティークのポージングを決めている。フォントまでポスターに合わせたビジュアルは必見の仕上がりとなった。

阪神タイガースは2013年公開の映画『ライフ・オブ・パイ』で球団マスコットのトラッキーを使ったコラボポスターを制作した実績を持つ。だが、実際の選手を起用する大規模な映画タイアップは、長い歴史を誇る球団としても史上初。「X-MEN」シリーズ最新作は関西圏でも大きな旋風を巻き起こしそうだ。
[高橋克則]

『X-MEN:フューチャー&パスト』
http://www.foxmovies.jp/xmen/
5月30日(金) TOHOシネマズ スカラ座ほか全国ロードショー
配給: 20世紀フォックス映画

「X-MEN×阪神タイガース特別列車」
期間: 5月21日(水)~5月27日(火)の7日間
区間: 阪神電車本線 (基本区間:三宮~梅田間)の1編成(6車両)
※大阪駅前地下道・西通路コリドーでもタイアップ大型ポスターを掲出(5/19~5/25)
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集