「映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」高橋渉監督インタビュー前編 作品が長く愛される秘訣とは? | アニメ!アニメ!

「映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」高橋渉監督インタビュー前編 作品が長く愛される秘訣とは?

『映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』が4月19日に全国公開、例年の人気をさらに快進撃中だ。“これは面白い!”とクチコミが広まるなか、シリーズ初監督を務めた高橋渉監督にお話を伺った。

インタビュー
4月19日にシリーズ第22番目の劇場作品となる『映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』が公開された。今作では“父親復権”がテーマとなっており、野原家の父・ひろしがギックリ腰を治しにいったはずがロボットに改造され、「父ゆれ同盟(父よ、勇気で立ち上がれ同盟)」による巨大な陰謀に巻き込まれていくというストーリーだ。
アツいオヤジの戦いに笑えて泣ける、大人も子供の必見の今作について長編アニメ監督に初めて挑んだ高渉監督に制作の裏側について伺った。
[取材・執筆=川俣綾加]
*「高」の字は本来は、「はしごだか」になります。

劇場版『映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』
/ http://www.shinchan-movie.com/

―アニメ!アニメ!(以下、AA)
これまでテレビシリーズで長年コンテ演出などを担当されてきました。本作が劇場版での長編監督を初となりますが、緊張はありましたか?

―高橋渉監督(以下、高橋)
最初はやはり緊張しましたが、「クレヨンしんちゃん」は長く関わっていて周りのスタッフも僕が制作進行をしていた頃から知っている人ばかりなんです。「高橋がやるの? しょうがないな~」みたいな雰囲気です。
スタッフの入れ替わりは毎年ありますが、中核を担っているのは何年も一緒に制作に携わっているスタッフなのですごく安心感や信頼感がありました「この人たちの力を頼りにすればいいんだな」と気持ちを切り替えてから楽になりましたね。

―AA
今回の監督の立場はどのように決まったのでしょうか。

―高橋
ずっと「監督やりたいなオーラ」を出していたんです。それこそ入社当時から。
それがやっと実ったのか、ある日、和田泰チーフプロデューサー、吉田有希プロデューサーに呼び出されて「前々から考えてたんだけど、監督やってみる?」とお話をいただいて、覚悟を決める間もなく決まって、アイデア出しをした感じです。

―AA
ひろしがロボットになるというアイデアは高橋監督からだったそうですが、そこから父親がテーマになった経緯を教えてください。

―高橋
父親をテーマにしたのは、脚本の中島かずきさんです。当初はひろしがロボットに改造されるというアイデアだけだったので。すごく良い形にしていただきました。

―AA
ロボットというアイデアはどこから得たのでしょうか。

―高橋
「いつかかっこいいロボットアニメを作ってみたいな」という、僕の単純な欲です(笑) 今でもガンダムなどハイクオリティなロボットアニメが生まれ続けていますよね。そういう作品に憧れもあって、アニメ業界にいるならやっぱり一度はロボットアニメを! ということでロボとーちゃんになったんです。
これまでもロボットは「クレヨンしんちゃん」劇場版に登場していましたが、メインとして描かれたのはこれが初めてです。これまでと違って比較的リアル寄りなロボットにようと思って、改造後のひろしはこんなデザインになっているのですが、そこはやっぱりしんちゃんで……。だんだん、突拍子もない設定になっていきました(笑)

fd

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集