「牙狼<GARO>-魔戒ノ花-」 最新作は新たな主人公・冴島雷牙、4月4日放送開始 | アニメ!アニメ!

「牙狼<GARO>-魔戒ノ花-」 最新作は新たな主人公・冴島雷牙、4月4日放送開始

4月から新作特撮テレビシリーズ『牙狼<GARO>-魔戒ノ花-』がスタートする。4月6日のテレビ東京系6局を皮切りに、順次テレビ放送が始まる。

ニュース
(c)2014 雨宮慶太/東北新社
  • (c)2014 雨宮慶太/東北新社
  • (c)2014 雨宮慶太/東北新社
雨宮慶太監督のライフワークでもある人気の特撮シリーズ「牙狼」の世界が2014年にますます広がっている。2014年3月からは新シリーズ『絶狼<ZERO>』が劇場上映されたほか、2014年秋からはシリーズ初となるアニメ『牙狼〈GARO〉-炎の刻印-』がテレビ放送を開始する。
さらに4月からは新テレビシリーズ『牙狼<GARO>-魔戒ノ花-』がスタートする。4月6日のテレビ東京系6局を皮切りに、順次テレビ放送が始まる。

『牙狼-魔戒ノ花-』で注目したいのは、主人公とそれを取り巻くキャラクターが一新されることだ。テレビシリーズ第1作の冴島鋼牙、第2作の道外流牙とも違う冴島雷牙が主人公となる。多方面に広がるシリーズの新たな軸となる物語が期待される。
一方で、主人公・鋼牙が、第1作の主人公・冴島鋼牙と同じく冴島家の直系の血を引く魔戒騎士であるという設定となっている。連続した物語の流れにある、長大なサガの一角をなす。

役者陣はフレッシュな面々が揃った。雷牙役には三田村邦彦を父に持つ中山麻聖さんを起用する。ヒロイン・マユリ役に石橋菜津美さん、クロウ役には「ミュージカル テニスの王子様」の出演などで人気の水石亜飛夢さんと話題の配役となった。
総監督をシリーズ生みの親である雨宮慶太さんが務める。大人が楽しめる特撮と独自の映像美を追求した作品画今回も楽しめるだろう。、

「牙狼」シリーズは2005年のテレビ放送から始まった。以来、多くのファンの心を掴みシリーズ展開をしている。2010年には全編フルデジタル3D映画『牙狼~RED REQUIEM~』、2011年のテレビシリーズ第2弾『牙狼~MAKAISENKI~』と続いた。
今回はかつて魔戒法師たちによって封印された魔獣エイリスが9体のホラーと伴に世に放たれたところから始まる。魔戒騎士・冴島雷牙は、これを再び封印するように命じられる。

また放送開始に先駆けて、テレビ東京にて4月4日に特別番組「『牙狼-魔戒ノ花-』放送記念特番」が放送される。
番組では映画『牙狼~蒼哭ノ魔竜~』で女王ジュダム役を好演した松坂慶子さんと雨宮慶太総監督との豪華対談や本作の見どころ解説などが放送される。さらにキャストのインタビュー、メイキング映像なども公開する。

『牙狼<GARO>-魔戒ノ花-』
/http://garo-project.jp/TV4/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集