「宇宙兄弟#0」主題歌にユニコーン 新作「早口カレー」とTV版OP「Feel So Moon」も起用 | アニメ!アニメ!

「宇宙兄弟#0」主題歌にユニコーン 新作「早口カレー」とTV版OP「Feel So Moon」も起用

ニュース

 
  •  
  • (c)宇宙兄弟CES2014
8月9日よりアニメ映画『宇宙兄弟#0』が全国ロードショーとなる。この主題歌を、ユニコーンが担当することになった。
楽曲は「早口カレー」、そして「Feel So Moon」だ。ちょっと気になるタイトルの「早口カレー」は、今回の映画のための新規に描き下ろされた。一方、「Feel So Moon」はテレビシリーズのオープニングとしてかつて使われたものである。まさに本作の映画タイトル「#0」、原点にふさわしい起用となった。

『宇宙兄弟』は、2008年から講談社の「モーニング」で連載されているマンガを原作としている。2011年には講談社漫画賞と小学館漫画賞をダブル受賞、関連書籍を含めて累計1400万部を突破している人気マンガである。
映像化は2012年からのアニメがテレビ放送開始が初めてだ。また2012年春には実写映画化もされている。

今回のアニメ映画化は、それらに続くものだ。原作マンガを描く小山宙哉さんのオリジナル脚本であることでも注目されている。どうしても描きたかった物語として、マンガの連載が一時休載となっていることからも、作者の強い思い入れを感じさせる。

小山さんはテレビシリーズの楽曲「Feel So Moon」にも思い入れがあるという。同曲はテレビシリーズの開始にあたって、ユニコーンに依頼した曲でもあるからだ。「早口カレー」と「Feel So Moon」の2曲は、3月26日発売のアルバム「イーガジャケジョロ」にも収録される。
小山さんはアルバム宣材の写真撮影で、ユニコーン側より「一日ユニコーン」のたすきと、お揃いのつなぎをプレゼントされた。これはメンバーのEBIさんが体調不良のため欠席したためで、一緒に記念撮影に臨むことになったことで実現した。

アニメ映画は『宇宙兄弟』の本質を描く、感動のエピソードになるという。新規に描き下ろされたティザービジュアルには少年時代のムッタとヒビト。そして「夢の続きを描くために、夢の原点を書きました。」というコピー。劇場で初めて明かされる兄弟の“夢の原点”まで、あと少しだ。
[真狩祐志]

映画『宇宙兄弟』
/http://www.uchukyodai-movie.com/

小山宙哉さんコメント
「テレビのオープニング曲『Feel So Moon』を手掛けていただいていて、やっぱり『宇宙兄弟』のメインテーマはユニコーンさんだなと感じていました。だから今回の劇場版主題歌決定は大変うれしいです。『早口カレー』は、曲も歌詞も映画のテーマにぴったりで、劇中にカレーを食べるシーンを加えたほどです」

ユニコーン コメント
「テレビアニメのOPで手掛けた『Feel So Moon』に続き、劇場版も新たに手掛けることができてよかったです。宇宙兄弟のイメージにあわせて作った『Feel So Moon』と違って『早口カレー』のほうはそれほど映画のイメージにがっちり固めて作ったわけではないですが、楽曲の持つどこにでもあるような話のイメージが、宇宙兄弟の映画にも合ったとのことでうれしいです」
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集