会場がひとつに! 花澤香菜初の女性ファンイベント「かなまつり」レポート 2ページ目 | アニメ!アニメ!

会場がひとつに! 花澤香菜初の女性ファンイベント「かなまつり」レポート

2014年3月2日、花澤香菜さん初の女性ファンイベント、『かなまつり』が開催された。[ニュース提供:ダ・ヴィンチニュース「アニメ部」]

イベント・レポート ライブ

<夜の部>
花澤さんは、夜ということで、昼とは打って変わってシックな黒いワンピースに髪をアップにして現れた。昼の部と同じく『バースデイ』、『スパニッシュ・アパートメント』、そして、『25 Hours a Day』を会場のみんなと共に歌って盛り上げ、「この女子だけの独特なかしましい感じが大好き!」と満足そうに話した。

そして、夜の部でもアンケートコーナー。ひな祭りのケーキを「今日は女の子の日だから」と弟がくれたというほっこりエピソードに、「弟っていいですよね!」と花澤さん。

また、アンケート用紙にイラストを描いている人も多く、「絵が上手って羨ましい!」と嬉しそうだった。“3月3日が旦那の誕生日です”という回答には、「旦那? 人妻!」と反応し、会場を沸かせた。また、地域独特の風習や、“ひな人形を飾らないと嫁に行き遅れる”という言い伝え、雛段の裏側を秘密基地にしていたという子供ならではのエピソードなど、アンケートひとつひとつにお客さんとやりとりしながら丁寧に答える姿が印象的だった。

その後、大人の女性向けとしてちょっとしっとりめに、アルバム『25』より『マラソン』と『flattery?』が歌い上げられた。


歌声に涙ぐむお客さんもいたり、リラックスして聴き入っているお客さんがいたりと会場が温かな空気に包まれると「アコースティックライブ楽しいっ!」と花澤さん。

アンケートコーナー第2弾では、ひな人形にまつわるエピソードや、ひなまつりに作る料理、ちらし寿司の具材などについて、「おなか空きますよね」と言いながら談笑。他にも、ひな人形の代わりにキューピーを飾っていたりと、お客さんからの様々なエピソードが紹介された。

最後は、昼の部同様、『星空☆ディスティネーション』、『あるいていこう』の2曲が披露され、かなまつりはお開きとなった。

昼の部、夜の部ともに大盛り上がりとなった“かなまつり”。念願の女の子向けイベントに、花澤さん自身も終始テンションMAXで絶好調だったそうだ。
そんな花澤香菜さん、2014年3月4日にカレンダーを発売するそうなのだが、非常に豪華な作りになっており、花澤さん本人も「全部写真なの! これ作るためにいろんなところに行きました。ほぼ写真集!」とステージ上でカレンダーを披露しながらロケの思い出を語ってくれた。

スタジオから始まり、京都、沖縄、北海道など、本当にバリエーション豊か。着物もたくさん着ているそうだ。こちらもぜひチェックしてみよう!

<物販情報>
「かなまつりのこんぺいとう」
famima.comにて好評発売中!
/http://www.famima.com/shop/g/g3790000053151/

<CD情報>
今回歌われた曲は全て、2013年12月に発売したシングル『恋する惑星』、そして2014年2月26日発売のアルバム『25』に収録されている。  

[ニュース提供:/ダ・ヴィンチニュース「アニメ部」]
《》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集