ドラえもん「ひみつ道具」づくりに挑戦、四次元ポケットプロジェクト開始 | アニメ!アニメ!

ドラえもん「ひみつ道具」づくりに挑戦、四次元ポケットプロジェクト開始

富士ゼロックスは、「ドラえもん」のひみつ道具づくりにチャレンジする「四次元ポケットプロジェクト」の広告展開を開始した。実在する中堅・中小企業6社が開発などを分担する。

ニュース
四次元ポケットプロジェクト(ポスター)
  • 四次元ポケットプロジェクト(ポスター)
  • 「ひみつ道具」づくりに挑戦するプロジェクト体制
 富士ゼロックスは1月29日、「ドラえもん」の「ひみつ道具」づくりにチャレンジする「四次元ポケットプロジェクト」の広告展開を開始した。

 「四次元ポケットプロジェクト」は、複数の企業の技術を駆使して実際に「ひみつ道具」作りに挑戦するというプロジェクト。プロジェクト第1弾に選ばれたのは、1人で対戦将棋を楽しめるひみつ道具「セルフ将棋」。コンピューターを内蔵した本体、将棋盤を見つめる「やじうまアイ」、駒を手にする「ロボットアーム」などで構成されている。

 プロジェクトでは、実在する中堅・中小企業6社が「ロボットアーム」の製作、将棋盤と将棋駒の製作、将棋プログラムの開発などを分担。富士ゼロックスは、ドキュメント共有を支援するクラウドサービス「Working Folder」を中心に据えたITソリューションを提供。さらに、複合機・モバイル端末との連携による紙と電子文書を融合した効率的な業務プロセス構築などで、プロジェクトを支援する。

 同社では、日本の中堅・中小企業の力は無限であり、得意分野を組み合わせれば、みんながワクワクするものを作ることができるはずだとし、プロジェクトを通して、ITソリューションによる企業間連携の重要性をアピールしていく。
《水野 こずえ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集