「エンダーのゲーム」公開 逢坂良太、佐藤聡美、白石涼子らが初日舞台挨拶  | アニメ!アニメ!

「エンダーのゲーム」公開 逢坂良太、佐藤聡美、白石涼子らが初日舞台挨拶 

映画『エンダーのゲーム』が1月18日(土)に公開した。日本語吹替え版の声を務めた逢坂良太、佐藤聡美、白石涼子の3人が都内劇場で舞台挨拶を行なった。

イベント・レポート
逢坂良太(エンダー役)&佐藤聡美(ペトラ役)&白石涼子(ヴァレンタイン役)
  • 逢坂良太(エンダー役)&佐藤聡美(ペトラ役)&白石涼子(ヴァレンタイン役)
  • 白石涼子(ヴァレンタイン役)
  • 佐藤聡美(ペトラ役)
  • (C)2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • 逢坂良太(エンダー役)
  • 佐藤聡美(ペトラ役)
  • 白石涼子(ヴァレンタイン役)
映画『エンダーのゲーム』が1月18日(土)に公開を迎え、日本語吹替え版のボイスキャストを務めた逢坂良太、佐藤聡美、白石涼子が都内劇場で舞台挨拶を行なった。

1977年に刊行され、SF界のネビュラ賞、ヒューゴ賞の2冠を獲得。“セカイ系”と呼ばれる日本のアニメーションやサブカルの世界観にも多大な影響を与えた小説を映画化。戦争の終結という宿命を背負って生まれた少年の戦いと成長を描き出す。

声優陣3人にとって、上映後の舞台挨拶に参加するのはこれが初めて。逢坂さんは「こういう粛々とした舞台に立つことはあまりないので緊張しています」と語っていたが、映画を観終えたばかりの観客の温かい拍手に迎えられ安堵の表情を浮かべる。「ようやく中身について話せてホッとしてます。これまでの取材でもネタバレができずに大変だった」とふり返る。

佐藤さんは「収録を終えてから、早くいろんな人に観てほしいと思っていたのでようやく初日となり観ていただいた方にお会いできて嬉しいです」と満面の笑み。白石さんも「いろんなところで『観てください』と言ってきたんですが、みなさんの感想を聞いて回りたいくらい気になります!」とワクワクした様子で語っていた。

主人公・エンダーについて、逢坂さんは「二重人格じゃないかってくらい(性格が)変わる」と言及。普段、柔らかいタイプの役を演じることが多い佐藤さんは今回、いつもとタイプの違う少女・ペトラを演じたが「頭の回転も速くてキレ者で、私は普段ボンヤリしているので(笑)。エンダーに対する気持ちも尊敬なのか? 恋愛なのか? 考えました。“つり橋効果”じゃないけど、神経をすり減らして戦う中で戦友から恋愛へと変わっていくところがあったのかも(笑)」と想像を巡らせる。

すると、エンダーの姉・ヴァレンタインを演じた白石さんも「私(=ヴァレンタイン)もエンダーを愛してます! 姉弟を超えた強い絆があったと思います。私も普段、どちらかというとボーイッシュな少女や少年の役が多いので頑張りました!」と佐藤さんに張り合うように語り、会場を沸かせていた。

『エンダーのゲーム』は全国にて公開中。

『エンダーのゲーム』公開で逢坂良太演じた主人公を巡り、声優陣の女の戦い勃発?

《text:cinemacafe.net》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集