メイキングオブ「寫眞館&陽なたのアオシグレ」 デジタルハリウッド大学で公開講座 | アニメ!アニメ!

メイキングオブ「寫眞館&陽なたのアオシグレ」 デジタルハリウッド大学で公開講座

デジタルハリウッド大学は1月20日に公開講座「メイキングオブ『寫眞館&陽なたのアオシグレ』」を実施する。当日は両作品の監督、なかむらたかしさんと石田祐康さんが登壇する。

ニュース
『寫眞館』と『陽なたのアオシグレ』(c)スタジオコロリド
  • 『寫眞館』と『陽なたのアオシグレ』(c)スタジオコロリド
デジタルハリウッド大学は、2014年1月20日に公開講座「メイキングオブ『寫眞館&陽なたのアオシグレ』」を行う。会場は東京千代田区のデジタルハリウッド大学・駿河台キャンパス 駿河台ホール、20時より21時半までを予定する。
公開講座には、『寫眞館』の監督・なかむらたかしさんと『陽なたのアオシグレ』の監督・石田祐康さんが出演する。公開以来、大きな話題を呼ぶ作品を語る。両作品は第17回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門の審査委員会推薦作品にも選出されている。

当日は、デジタルハリウッド大学教授の村田充範さんがモデレーターを務める。村田さんは『寫眞館』で動画検査を務めており、興味深い話も聞けそうだ。
講座への参加は無料で、申し込みは大学のサイトより行える。定員は150名(先着順)となっているので注意したい。

『寫眞館』と『陽なたのアオシグレ』は、新鋭アニメスタジオのスタジオコロリドは制作する短編アニメーションである。2013年11月より劇場で同時公開された。両監督の異なる経歴や作風でも注目されている。
なかむらたかし監督はオムニバス映画『迷宮物語』の『工事中止命令』や『AKIRA』の作画監督で知られてきたベテランである。オリジナル企画でも、『パルムの樹』や『ファンタジックチルドレン』で監督を務めた。
石田祐康監督は、学生時代に友人との自主制作で監督を務めた『フミコの告白』で一躍脚光を浴びた。続く卒業制作の『rain town』共に、ネットや国内外の映画祭やコンテストでも高い評価を得ている。文化庁メディア芸術祭アニメーション部門では『フミコの告白』が第14回で優秀賞、『rain town』が第15回で新人賞を受賞しているる。
[真狩祐志]

デジタルハリウッド大学
/http://www.dhw.ac.jp/
『寫眞館』『陽なたのアオシグレ』
/http://www.shashinkan-aoshigure.com/

デジタルハリウッド大学公開講座:メイキングオブ「寫眞館&陽なたのアオシグレ」
日時: 2014年1月20日(月) 20:00~21:30、 19:45開場
場所: デジタルハリウッド大学・駿河台キャンパス 駿河台ホール
定員: 150名(先着申込み順)
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集