大阪芸大発のマンガ誌「ストレンジャーソレント」 庵野監督×小池一夫対談を掲載 | アニメ!アニメ!

大阪芸大発のマンガ誌「ストレンジャーソレント」 庵野監督×小池一夫対談を掲載

ニュース

「エヴァンゲリオン」シリーズで知られる庵野秀明監督と、マンガ原作者・小池一夫さんとの対談がこの秋実現した。12月28日に発売されたマンガ雑誌「ストレンジャーソレント」2月号に掲載される。
「ストレンジャーソレント」は、今年9月に創刊したばかりの雑誌だ。国内にマンガ雑誌は数多いが、「ストレンジャーソレント」は大阪芸術大学と小池書院が企画する異色の雑誌である。同大学はキャラクター造形学科を擁し、漫画コースやアニメーションコース、ゲームコース、フィギュアアートコースなどがある。こうしたことから、教育の場からマンガ雑誌を発信する。

小池一夫さんは、キャラクター造形学科の学科長を務めた経験がある。また、庵野秀明監督は同校の卒業生だ。そんな縁から対談が実現した。
対談は大阪芸術大学の授業の一環として行われたものだ。30年ぶりに母校に庵野監督は、大学時代の頃の話や、これまで手掛けた作品、そして「エヴァンゲリオン」などについて語る。2013年夏に話題を呼んだ、宮崎駿監督のアニメ映画『風立ちぬ』で主役・堀越二郎の声優を務めたことなどにもふれる。多くの人にとって興味深い話題だろう。

対談以外の内容も充実している。マンガ家の高橋留美子さんが自作のキャラを語る連載「高橋留美子のキャラクターBOX!」では『犬夜叉』が取り上げられている。さらに天野喜孝さんと小池一夫さんのヴィジュアルストーリー 『帰れソレントへ』、『魔法少女まどか☆マギカ』特集などもある。
『魔法少女まどか☆マギカ』特集は、2013年11月に行われた大阪芸術大学と『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』のコラボイベントのレポートだ。声優の悠木碧さん(鹿目まどか役)や斎藤千和(暁美ほむら役)が訪れたティーチインイベントが盛り上がり、ファンに好評を博した。
マンガ雑誌でありながら、大学の取り組みとも連動している。そんなユニークな試みがここでも現れている。
[真狩祐志]



ストレンジャーソレント2014年2月号
/http://www.koike-shoin.co.jp/shopping/prg/search.cgi?mode=details&id=4910138790246
発行: 大阪芸術大学   発売: 小池書院   編集人: 小池一夫
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集